京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる「水源の里シンポ」
インデックス

水源の里 映像で紹介 FMいかる、ネット番組

住民、再生への活動 トチの実収穫、交流の姿
「水源TV」を見ることができるFMいかるのホームページ

 綾部市のコミュニティー放送局「FMいかる」はこのほど、過疎高齢化が著しい同市の「水源の里」を映像で紹介するインターネット番組「水源TV」を制作し、同局のホームページで公開を始めた。集落再生に向けて、地元住民がいきいきと活動する姿や思いを伝えている。

 番組は、綾部市から制作委託を受けたラジオ番組を映像化した。昨年8月から今年1月にかけて、限界集落とされる睦寄町古屋、五泉町市志など5カ所の水源の里でスタッフが撮影した映像をもとに構成した。

 番組では、特産のトチモチになるトチの実の収穫や、シカからトチの実を守る活動を収録し、住民らが都市住民や地元の子どもたちと交流する姿を活写。自治会長や移住して来た人たちへのインタビューを通して、過疎高齢化に悩む水源の里の現状や地域活性化の取り組みを描く。

 5章に分かれ、計約1時間40分。同局ホームページのアドレスはhttp://www.fmikaru.jp/