京都新聞TOP > 政治・社会アーカイブ > 過疎に生きる「水源の里シンポ」
インデックス

限界集落、催しで活気

京丹後 そばとアユ振る舞う
打ちたてのそばを味わう来場者たち(京丹後市弥栄町・野中公民館)

 打ちたてのそばと名産のアユが味わえる「野間のそば祭り」がこのほど、京丹後市弥栄町野中の野中公民館で開かれ、多くの来場者でにぎわった。

 祭りは、限界集落となった山間部の地区のきずなを深めるために、野間川のアユ釣りの解禁日と合わせて18年前から催している。

 当日は、野中地区の住民約30人が朝から準備。地域の清流で育った天然のワサビを薬味に600食のそばが用意され、250匹のアユの塩焼きも振る舞われた。来場者たちは川のせせらぎを聞きながら、山間の風情と食を楽しんだ。

【2010年7月7日掲載】