出版案内
福祉事業団

経済活動で貧困の解決を 京都、ノーベル賞・ユヌス氏が講演

講演でソーシャルビジネスの重要性を訴えたムハマド・ユヌス氏(京都市上京区・同志社大)
講演でソーシャルビジネスの重要性を訴えたムハマド・ユヌス氏(京都市上京区・同志社大)

 貧困層に無担保小口融資を行う「グラミン銀行」創設者で、ノーベル平和賞を受賞したムハマド・ユヌス氏が19日、京都市上京区の同志社大で講演した。自身の経験を振り返りつつ、経済活動を通して社会課題を解決する「ソーシャルビジネス」の重要性を訴えた。

 ユヌス氏はバングラデシュの経済学者で1983年にグラミン銀行を創設。同国の貧困軽減に貢献した功績から2006年にノーベル平和賞に選ばれた。

 講演で、ソーシャルビジネスに投資する基金をつくった実績を紹介し「素晴らしいアイデアを持つ人が集まってたくさんの起業家が生まれた。そうした人を軌道に乗せるのが私の目標だ」と述べた。

 ひと握りの富裕層に富の大部分が集中する世界情勢を問題視し、「企業で働けば、生まれた富は上の方に上がっていくだけ。起業をすれば利益は自分にとどまって、一部に富が集中する流れを止められる」と指摘。会場の若者に「仕事を求める人間ではなく、仕事をつくる人間になりなさい」と語り掛けた。

 35歳以下の6チームが作ったソーシャルビジネスプランのコンテストもあり、ユヌス氏が審査員を務めた。講演は約500人が来場した。

【 2017年02月20日 10時40分 】

ニュース写真

  • 講演でソーシャルビジネスの重要性を訴えたムハマド・ユヌス氏(京都市上京区・同志社大)
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース

      政治・社会

      今年の漢字は「北」 京都・清水寺で発表

      20171212000104

       一年の世相を表す「今年の漢字」に「北」が選ばれ、京都市東山区の清水寺で12日、日本漢字..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      バドミントン桃田、奥原らを選出
      来年の日本代表

      20171212000107

       日本バドミントン協会は12日、来年の日本代表を発表し、昨年4月に発覚した違法賭博問題で..... [ 記事へ ]

      経済

      宮城の大崎地域、世界農業遺産に
      冷害克服の稲作を国連機関が

      20171212000084

       農林水産省は12日、巧みな水管理や屋敷林により、冷害や洪水などを克服してきた宮城県大崎..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      「今年の漢字」清水寺で12日午後発表

      20171212000085

       2017年の世相を漢字1字で表して1年を振り返る「今年の漢字」が、12日午後2時から発..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都・大江高生が地元PRツアー企画 旅行会社が販売

      20171211000058

       京都府福知山市大江町金屋の大江高の生徒が、地元の名所を巡る観光ツアーを企画した。ツアー..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      連続地震を想定、原発で防災訓練
      島根2号、ブラインド方式

      20171212000091

       中国電力は12日、島根原発2号機(松江市)で、連続した地震により運転中に重大事故が起き..... [ 記事へ ]