出版案内
福祉事業団

医療で結ぶベトナムとの縁 滋賀医大、現地国立病院と交流20年

チョー・ライ病院で現地の医師とともに手術に当たる浅井教授(左から4人目)=滋賀医科大提供
チョー・ライ病院で現地の医師とともに手術に当たる浅井教授(左から4人目)=滋賀医科大提供

 滋賀医科大(大津市)が、ベトナムの国立チョーライ病院と20年近くにわたり、学術交流を続けている。心臓血管外科の医師が同病院を訪れて難易度の高い手術をし、現地の医師を指導しているほか、看護師や放射線技師も現地で学会発表や技術交流を行っている。3月には、国際医療に関心のある学生12人が同国にスタディーツアーに出かけ、ベトナム戦争の枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれたグエン・ドクさんとも面会する。学生たちは「戦争の影響が残るベトナムの医療の現状を学び、医療人として命の尊厳を考えたい」と話す。

 チョーライ病院はホーチミン市にある同国南部の拠点病院で、年間の外来患者数が約100万人にのぼる。1998年、滋賀医科大が同病院の放射線技師を研修のために受け入れたのをきっかけに交流が始まり、2006年には正式に学術交流協定を結んだ。

 10年には、心臓のバイパス手術の講師を探していた同病院の依頼を受け、浅井徹教授(55)が毎年、若手医師を伴ってベトナムを訪れ、10~15例ほどの手術を行うようになった。複雑弁膜症手術や胸部大動脈解離などの難しい手術もあり、浅井教授は「症例数が多く、われわれにとっても臨床経験を積む貴重な機会になっている。なんとか助けたい一心で治療に当たっている」と話す。今年も3月上旬の1週間、8度目となる訪問で執刀治療する予定。浅井教授は「顔の見える関係で現地に乗り込み、治療に当たるのは滋賀医科大の特長で、日本の大学ではなかったこと」と意義を語る。

 同大学はベトナム人留学生も受け入れており、現在7人が大学院で学んでいる。その存在が、日本の学生たちのスタディーツアーにもつながった。今回中心となるのは国際医療保健サークル「TUKTUK」のメンバー。副部長の3年齋藤勝則さん(41)=草津市=は「学内の留学生と友人になったことがきっかけでベトナムを訪問先に選んだ。面会予定のドクさんは戦争の影響を考える上でシンボル的な存在。医療人として生命倫理観を高く持つためにも現地で見識を深めたい」と意欲を見せる。

【 2017年02月24日 16時50分 】

ニュース写真

  • チョー・ライ病院で現地の医師とともに手術に当たる浅井教授(左から4人目)=滋賀医科大提供
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース

      政治・社会

      希望と統一会派結成は「野合」
      立憲民主・枝野代表

      20171218000174

       立憲民主党の枝野幸男代表は18日、日本外国特派員協会で記者会見し、民進党が目指す立憲民..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      スノボ竹内「今ある力出せれば」
      W杯序盤戦終え帰国

      20171218000189

       スノーボード女子でソチ冬季五輪パラレル大回転銀メダリストの竹内智香(広島ガス)が18日..... [ 記事へ ]

      経済

      無人車両の自動走行実験、石川
      産業技術総合研究所

      20171218000147

       産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は18日、石川県輪島市で、無人の車両が公道を自動走..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      スイス村でスキー場開き 京都・京丹後

      20171218000056

       京都府京丹後市弥栄町野中のスイス村スキー場で17日、スキー場開きが行われ、関係者がシー..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      同志社大と文化庁が包括協定 文化芸術都市の指標研究

      20171218000108

       文化庁地域文化創生本部と同志社大は17日、研究に関わる交流や情報交換を促進する包括協定..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      重水漏れ、がん療法臨床研究中断
      京大原子炉、運転再開直後1

      20171218000089

       8月末に運転を再開した京都大原子炉実験所の研究炉「KUR」(大阪府熊取町、出力5メガワ..... [ 記事へ ]