出版案内
福祉事業団

医療で結ぶベトナムとの縁 滋賀医大、現地国立病院と交流20年

チョー・ライ病院で現地の医師とともに手術に当たる浅井教授(左から4人目)=滋賀医科大提供
チョー・ライ病院で現地の医師とともに手術に当たる浅井教授(左から4人目)=滋賀医科大提供

 滋賀医科大(大津市)が、ベトナムの国立チョーライ病院と20年近くにわたり、学術交流を続けている。心臓血管外科の医師が同病院を訪れて難易度の高い手術をし、現地の医師を指導しているほか、看護師や放射線技師も現地で学会発表や技術交流を行っている。3月には、国際医療に関心のある学生12人が同国にスタディーツアーに出かけ、ベトナム戦争の枯れ葉剤の影響とみられる結合双生児として生まれたグエン・ドクさんとも面会する。学生たちは「戦争の影響が残るベトナムの医療の現状を学び、医療人として命の尊厳を考えたい」と話す。

 チョーライ病院はホーチミン市にある同国南部の拠点病院で、年間の外来患者数が約100万人にのぼる。1998年、滋賀医科大が同病院の放射線技師を研修のために受け入れたのをきっかけに交流が始まり、2006年には正式に学術交流協定を結んだ。

 10年には、心臓のバイパス手術の講師を探していた同病院の依頼を受け、浅井徹教授(55)が毎年、若手医師を伴ってベトナムを訪れ、10~15例ほどの手術を行うようになった。複雑弁膜症手術や胸部大動脈解離などの難しい手術もあり、浅井教授は「症例数が多く、われわれにとっても臨床経験を積む貴重な機会になっている。なんとか助けたい一心で治療に当たっている」と話す。今年も3月上旬の1週間、8度目となる訪問で執刀治療する予定。浅井教授は「顔の見える関係で現地に乗り込み、治療に当たるのは滋賀医科大の特長で、日本の大学ではなかったこと」と意義を語る。

 同大学はベトナム人留学生も受け入れており、現在7人が大学院で学んでいる。その存在が、日本の学生たちのスタディーツアーにもつながった。今回中心となるのは国際医療保健サークル「TUKTUK」のメンバー。副部長の3年齋藤勝則さん(41)=草津市=は「学内の留学生と友人になったことがきっかけでベトナムを訪問先に選んだ。面会予定のドクさんは戦争の影響を考える上でシンボル的な存在。医療人として生命倫理観を高く持つためにも現地で見識を深めたい」と意欲を見せる。

【 2017年02月24日 16時50分 】

ニュース写真

  • チョー・ライ病院で現地の医師とともに手術に当たる浅井教授(左から4人目)=滋賀医科大提供
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース

      政治・社会

      愛知県、祭り写真取り違え掲載
      ポスター約260枚を撤去

      20170629000006

       愛知県の観光PR用ポスターで、県内の祭りの写真が取り違えて掲載されていたことが28日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      卓球、張本は初戦黒星で早田快勝
      アジア太平洋リーグ

      20170628000160

       男女混合のチーム対抗で争う卓球の新たな国際大会「アジア太平洋リーグ」が28日、マレーシ..... [ 記事へ ]

      経済

      伏見稲荷駅を全面改装へ 京阪、乗降客増に対応

      20170628000153

       京阪電気鉄道は28日、2017年度に鉄道事業で約93億円の設備投資を実施すると発表した..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      平和実現へ宗教者結集 比叡山サミット30周年概要

      20170628000162

       仏教や神道、キリスト教など国内の宗教団体の代表者らで作る「日本宗教代表会議」は28日、..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      御薗橋にみんなの絵、描けた! 京都・北区の3小学校制作

      20170628000092

       拡幅工事が進む京都市北区の御薗橋で、周辺3小学校の児童がアスファルト舗装をする前のコン..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      原薬メーカーを業務停止
      和歌山県が命令、22日間

      20170628000134

       風邪薬の成分として使われる解熱鎮痛剤アセトアミノフェンを製造している国内大手の原薬メー..... [ 記事へ ]