京都新聞グループ 会社概要 募集要項 会社説明会 Q&A 先輩社員の1日

平成26年入社 販売局販売部 築山紗季

この会社を選んだ理由

 私は京都府、滋賀県内を転々としながら育ちましたが、いつも家には京都新聞がありました。テレビやインターネットではなかなか見られない京都・滋賀の情報が盛りだくさんで、京滋での就職を志望していた私には大変ありがたい存在でした。

 京都新聞COMの採用試験を受けられたのも、紙面に掲載されていた募集広告のおかげです。それも数日分をまとめ読みしていたときにたまたま見つけたのです。新聞というメディアが持つ情報の保存性、新聞だからこそ提供できる情報との巡り合い。その価値は、リアルタイムで膨大な量の情報を取得できる今だからこそ、見直されるべきものではないでしょうか。

 京都新聞で働くにあたり、私は販売局への配属を希望しました。大学時代にデザインとマーケティングを学んで、販売・製品プロデュースの仕事に興味を持っていたからです。京都新聞の良さ、新聞というメディアの良さを、もっと多くの人に知ってもらうために、様々な事にチャレンジしていきたいと思っています。

業務概要

 販売局はその名の通り京都新聞の販売に関する業務を行う部署で、大きく分けて京都新聞の販売所と直接かかわりを持つ「外勤部門」と、事務・連絡業務を行う「内勤部門」の二つから成り立っています。私は「外勤部門」で「担当員」の仕事をしています。「担当員」とは、簡単に言うと、担当地域の販売所の営業指導・統括を行う仕事です。毎月販売所を「訪店」し、販売所の経営状況や営業活動の成果、地域の情報等を聞き取って、一人でも多くの方に購読してもらうために何が出来るか、販売所長とともに考え、様々なことに取り組みます。また、販売所の組織である販売連合会では、販売所長と担当員からなる「委員会」を設け、新聞営業、読者サービス、販売所の労務向上などについて議論、企画立案、実行しています。内勤部門では、新聞販売に係る様々な物品の発注、トマト倶楽部(京都新聞読者を中心とした会員制サービスです)に関する諸業務、フリーダイヤルの応対等が行われています。

入社希望の皆さんへ

 京都新聞COMは京都新聞に関する営業・事務系業務を担う会社ですが、その業務は多岐にわたっています。時には所属する部署の垣根を越えて仕事をする事もありますし、色々な事にチャレンジできる会社だと私は感じています。

 京都新聞を読んだことのない人、読むのをやめてしまった人、そんな人達を振り向かせるために出来ることが、きっとまだまだあります。そのため入社を希望される皆さんには、「京都新聞を使ってやりたい事」を持っていて欲しいと思います。皆さんの夢を一緒に実現できる日が来る事を、心から楽しみにしています!

 余談ですが、販売局には女性社員がまだまだ少ないので、たくさんの入社があることを期待しています(笑)

1日の業務風景
7:00 起床。
一緒に住んでいる妹と私の二人分の洗濯、掃除をしてから出社の準備をします。毎日バタバタです(笑)
9:30 一度出社し、メールと局内日誌、伝達・提案事項を確認した後、担当している地域の販売所に向かいます。移動中には京都新聞デジタル版を利用し、担当地区の地域面を欠かさず読み、地域の情報を取り入れるようにしています。 築山紗季
11:00 1店目の販売所に到着。大体1日に2~3店のペースで訪店しています。各販売所の所長と相談しながら、地域の実情に応じた販売戦略を練ります。 築山紗季
17:00 帰社。訪店時に提案された事項について、先輩社員に相談。皆さん親身になって聞いてくださるのでありがたい限りです。
18:30 翌日の訪店の準備をして退社。スーパーに寄って夕食の材料を揃えます。今夜は大好きなハンバーグ! 築山紗季


Copyright(C) 1996 - 2017 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd.