京都新聞グループ 会社概要 募集要項 会社説明会 Q&A 先輩社員の1日

平成26年入社 営業局営業部 山本愛

業務概要

 営業部で扱う広告には、大きく分けて2つのスタイルがあります。企業が指定した広告と、自分たちで企画した広告を提案する形があります。広告主は、メーカーや金融、出版、自動車、学校、ホテル、病院から京都府・滋賀県に多くある神社やお寺、個人まで多種多様です。SNSなどメディア社会も大きく変化してきています。社会の変化に合わせてさまざまな広告紙面を生み出すため情報と知識を上手に動かし、広告主に喜んでもらい、読者の生活を豊かにする広告紙面を生み出すことが求められています。

 新聞というメディアを使い、インタビュー形式での記事体広告やシリーズ広告で複数回展開する提案や、新聞社のネットワークを使い、著名人や有識者を招いたイベントや対談を行うなどさまざまな仕掛けを作ることができることも魅力のひとつです。

印象に残っていること

 自分が主体となり、紙面のレイアウトや原稿の作成・校正、写真撮影、コピーを考えるなどたくさんの経験ができた広告企画。当たり前のことではありますが、出稿前には何か間違いはないか、読者に伝わりやすい紙面になっているか何度も読み返し、チェックを行いました。掲載日に緊張しながら新聞を開いた時は「形になった」と達成感を感じ、広告主の方から感謝の言葉やうれしい言葉をいただいたときはほっとしました。

 また、日々の業務では広告会社や広告主などたくさんの場所に足を運び、情報収集を行います。私は、京都が地元ということもあり、仕事でないと訪れない訪問先で、子どもの頃の知り合いに再会し、緊張が少しほぐれて落ち着いて仕事を進めることができたということもありました。

 私たちが広告主の要望に合った正確な作業を常に行い、安心感を得て、それがいくつも積み重なって、「京都新聞」の信頼につながっていく。これからも常に感謝の気持ちを忘れず、日々精進していきたいです。

入社希望のみなさんへ

 就職活動中には多くの「働く大人」と話せるチャンスがあります。私が就職活動中に話した方々は自分の仕事のこと、会社のことなど真剣に話してくださいました。社会人になってからでは聞けないこと、話してもらえないこと、就活生だからこその特権を生かしてできるだけ多くの方と話してみてください。また、周りの友人たちと自分を比較して焦ることもあるかもしれません。ですが周りに流されず芯を持って活動してください。就職活動を終えるときに自分の活動を振り返って納得のいくものであって欲しいと思います。

1日の業務風景
7:30 起床。
自宅の近くのお気に入りのお店のパンを朝食に食べながら朝刊をチェックします。
9:15 出社。メールチェック。
9:40 営業部会議。
各広告会社の売り上げや企画の発信、セールス状況など情報を共有します。
10:30 一週間後に控えたイベントの打ち合わせ。
各ポジションの役割確認など注意点など当日トラブルなくスムーズにイベントが運べるよう確認を行います。
山本愛
11:30 午後のアポイントの企画書・資料の確認。
12:00 昼食。休憩室でパンやおにぎりを。会社の近くのお店へ出かけることも。
13:00 広告企画の取材 大学の先生へインタビュー。
14:30 広告主へアポイントの電話。
企画の提案、広告主の意向を聞くためヒアリングに向かいます。飛び込みでセールスを行うことも。
山本愛
16:00 担当している広告会社を訪問。
提案中の企画のセールス状況、売上、申込みの確認など行います。
17:00 帰社。
デスクワーク。メールチェックやイベント実施のため会場準備、広告企画の原稿の校正。
山本愛
19:30 1日の業務報告日誌を提出し、退社。帰宅後は録画のたまっているテレビ番組や映画を見ながらも新しい情報を拾えるように心がけています。


Copyright(C) 1996 - 2017 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd.