定期採用の募集はいつごろ開始しますか。

 4月中旬にエントリーを開始、6月上旬以降に筆記試験や面接を行う予定です。募集開始時期などは、決まり次第、京都新聞の紙面とホームページでお知らせします。

 採用試験の流れを教えてください。

 ホームページから所定用紙をダウンロードして、必要事項を記入し、書類を郵送してください。まずは書類で一定選考します。それを通過した人を対象にした採用試験は、筆記試験と作文です。筆記試験を通過したら、面接を受けてもらいます。詳細は、募集開始以降に、募集要項などで確認してください。

 筆記試験はどういう問題が出ますか。

 一般教養、時事問題、英語、作文です。時事問題は、京都新聞に限らず新聞記事からの出題が中心になっています。

 新聞記者志望です。採用後、営業や事務職に配属されることはないのですか。

 京都新聞社は記者職としての採用なので、入社後は取材記者や編集(整理)記者として活躍していただきます。原則として記者以外の職場に配属されることはありません。営業や事務職、印刷社員については、別途、京都新聞COM社、京都新聞印刷会社で採用を検討し、お知らせします。

 京都府や滋賀県以外の出身者でも採用されますか。

 出身地や居住地は採用選考に関係ありません。社員には京都や関西地方の出身者、または大学卒業生が多いですが、同様に他地域の出身者や大学出身者も大勢います。

 結婚、出産後も女性が記者の仕事を続けることはできますか。

 出産後も仕事を続けられる制度を整えています。育児休業は子どもが1歳6カ月まで取得可能で、小学校就学までは育児短時間勤務が選択できます。子育てをしながら多くの女性記者が活躍しています。

 現在、既卒者です。定期採用試験は、既卒者や社会人でも受けることはできますか。

 募集要項の受験資格を満たしていれば、大学既卒者や社会人の方にも受けていただけます。広く社会での経験を生かし活躍していただきたいと考えています。


<採用案内トップへ>