記者職・技術系職(採用に関する情報公開
※募集は締め切りました。
●募集職種
記者職、デジタル推進を担う技術系職(システム・デジタル関連) ※それぞれ若干名
●応募資格

1986年(昭和61年)4月2日以降生まれ
記者職は4年制大学卒業以上(2019年3月卒業見込み含む)
技術系職は大卒、高専、デジタル関連の専門学校卒業以上(19年3月卒業見込み含む)

*学部・学科・専攻は問いません。
*既卒者、社会人も可。長期勤続によるキャリア形成を図るため年齢制限を設けています。

●提出書類

① 所定の志願書 (顔写真を貼付)
② 所定のアンケート
③作文。タイトルは「京都新聞社を志望する理由」。 800字(指定原稿用紙2枚)
*①②③は所定用紙を本社ホームページからダウンロードしてください。

④ 顔写真(志願書貼付と同じもので裏に氏名を明記。受験票に使用します)
⑤ 成績証明書か成績表(2018年3月時点、最新のもの。コピー可)

<注意事項>
すべて自筆、手書きで記入してください。
連絡に電話・メールを使います。確実に連絡できる電話番号・メールアドレスを記入してください。
誤記、記入漏れ、連絡不能による不利益について、当社はその責を負いません。

所定用紙ダウンロード

●受け付け

本社ホームページの記入フォーム、または就職支援サービス「キャリタス就活」から2018年3月1日(木)以降、エントリーした上で、上記書類①~⑤を郵送してください。期間は2018年3月26日(月)から5月8日(火)まで=必着。持参は不可。

*資格外応募、提出書類に不備・不足がある場合は、不受理とします。
 応募書類はいかなる場合も返却せず、採用選考に使用後、破棄します。

記入フォームはここから

●採用試験

書類選考をした上で、通過者には、5月下旬までに1次試験受験票を送付します。


<1次試験(筆記)>
日 時 2018年6月3日(日) 午後0時30分~午後4時(時間は予定)。
場 所 京都新聞文化ホール(本社7階)。

*受験のための交通費、宿泊費、食費などは支給しません。
*2次試験は6月中旬の予定です。詳細は1次試験通過者に通知します。

●入社日
2019年4月1日 (先行入社も可能。相談に応じます)
●問い合わせと書類送付先

京都新聞社 経営企画局 総合計画部

〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル
電話 075(241)5833
ホームページ http://www.kyoto-np.co.jp/ ※メールによる問い合わせは受け付けません

●採用後
 記者職採用の方は全員、入社後は取材記者、編集記者として活躍していただきます。
 配属は希望と適性で決まります。一定期間で異動もあります。
 取材記者の配属先は、本社編集局の報道部、文化部、運動部のほか、写真部、滋賀本社、京都府内と滋賀県内の支社・総支局、東京支社、大阪支社です。
 編集記者(整理記者)が所属するニュース編集部では、記事の価値判断やレイアウトをして、読者が読みやすい紙面に仕上げています。
 ほかに、ウェブ上でのニュース発信や動画取材を行うデジタル編集部もあります。
 技術系職は、デジタル推進局で新聞制作システムを担うシステム部やサイトの運営・管理などを担当するデジタル編集部などに配属される予定です。
●待 遇
・初任本給 大卒221,700円、大学院修了233,300円、高専卒210,100円
 *大卒の場合、厚生手当を含めた初任給は245,700円です。
 *入社6カ月後、年齢を加味した給与体系に移行します。
・各種手当 厚生手当、家族手当、宿直勤務手当、日祝日手当など
・通 勤 費 全額支給
・休日休暇 年間107日。ほかに、結婚休暇、忌引休暇など
 年次有給休暇は初年度12日、勤続5年以上は年間25日
・勤務時間 業務により異なります。所定勤務時間は8時間(実働7時間)
・勤 務 地 京都府、滋賀県、東京都、大阪府
・社会保険 厚生年金、健康保険組合
・賞  与 年2回(夏季、年末)
・社  宅 京都市内と東京都内に各1カ所
京都本社勤務以外は借り上げ社宅制度があります。
・両立支援 育児休業は対象の子が2歳まで。小学校就学前は育児短時間勤務も選択できます。介護休業は対象家族1人につき通算365日間です。
●採用実績(定期採用のみ。ほかにキャリア採用も実施)
2016年度 記者職5人(うち女性2人)
2017年度 記者職6人(うち女性3人)、技術系職2人
2018年度 記者職4人(うち女性1人)


<採用案内トップへ>