テーマ 「国内10大ニュース 「国 外10大ニュース」 「京都10大ニュース」 「滋賀10大ニュース」
 共同通信は、京都新聞社など加盟新聞社、ラジオ・テレビ契約社との合同投票で2004年の10大ニュースを選んだ。  自衛隊派遣、邦人の人質事件、殺害が起きた混迷のイラク情勢が上位を占めたが、奇跡的な幼児救出の強いインパクトもあって新潟中越地震がトップとなった。台風、集中豪雨などの災害も多く、「災」が今年を象徴する漢字とされた。子どもが子どもを殺害した衝撃的な事件、児童虐待死事件も続発、暗いニュースが一年を覆った。


 (1)新潟県中越地震で死者40人

 10月23日午後5時56分ごろ、新潟県中越地方を震源とするマグニチュード6.8の地震が発生、川口町では震度7を観測、40人が死亡し負傷者は約3000人。走行中の新幹線が初めて脱線した。避難生活者は一時10万人を超え、被災者の多くは仮設住宅暮らしを余儀なくされた。新潟県によると、住宅や道路、橋の倒壊など被害総額は約3兆円。
写真=土砂に埋まった車の中から救急隊員に救出された皆川優太ちゃん=10月27日、新潟県長岡市

 (2)イラク自衛隊派遣、邦人殺害

 5月27日、バグダッド近郊で日本人フリージャーナリスト2人が銃撃を受け死亡。10月26日には邦人1人がイラクの武装組織に拘束され、その後遺体で発見された。人質邦人救出をめぐっては「自己責任」が議論になった。2月にイラクの復興支援を目的に自衛隊が派遣され、南部サマワで支援活動に当たった。政府は12月に派遣の1年延長を決めた。
写真=クウェートから国境を越え、イラク入りする陸上自衛隊本隊第1陣の車列=2月8日、イラク南部のサフワン(共同)


(3)台風上陸 最多の10個

 10月にかけ台風が相次ぎ、日本列島への上陸が最多の10個に。集中豪雨も加わって各地で多数の死者・行方不明者が出た。内閣府によると、被害総額は1兆2000億円。中でも10月に襲来した台風23号は猛威をふるい、野菜などの高騰を引き起こした。8月は全国で記録的な猛暑、東京では過去最長の40日連続の真夏日となった。

写真=台風23号の影響で円山川(上方)が決壊し水浸しになった兵庫県豊岡市の住宅街=10月21日


 (4)拉致被害者の家族帰国

 5月22日、拉致被害者の蓮池さん、地村さん夫妻の子ども5人が帰国。曽我ひとみさんは、娘2人と夫のジェンキンスさんと7月に再会。ジェンキンスさんは軍法会議で実刑判決を受けたが、11月に刑期を短縮して釈放された。日朝実務者協議で持ち帰った横田めぐみさんのものとされた遺骨は、DNA鑑定の結果、偽物と判明、北朝鮮に対して経済制裁を求める声が強まった。

写真=羽田空港に到着したジェンキンスさん(手前右)と曽我ひとみさん。後方は長女美花さん(左)と二女ブリンダさん=7月18日


(5)プロ野球大再編 選手会はスト

 プロ野球は、近鉄とオリックスが合併、インターネット大手の楽天の参入により50年ぶりに新球団が誕生、通信大手のソフトバンクも福岡ダイエーを買収するなど、大再編が起きた。再編をめぐる日本プロフェッショナル野球組織との交渉が決裂し、選手会は9月に史上初のストライキを決行した。

写真=記者会見を終え、席を立つ日本プロ野球選手会の古田敦也会長(左)とロッテの瀬戸山隆三球団代表。交渉は決裂、選手会は史上初のストライキ突入を決定した=9月17日、東京都港区のホテル


(6)三菱自動車、西武など不祥事

 6月10日、三菱自動車製大型車の欠陥事件で同社元社長らが業務上過失致死の疑いで逮捕され、三菱ふそうの前会長らも虚偽報告容疑で逮捕。西武鉄道は、少数株主の保有比率を有価証券報告書に虚偽記載していたことが判明し、堤義明氏が西武グループの全役職を辞任。西武鉄道は上場廃止。ダイエーは10月13日、自主再建を断念。産業再生機構に支援を要請するなど、有名ブランドが相次いで失墜した。


(7)小6女児が同級生殺害

 6月1日、長崎県佐世保市の小学校で、小学6年の女子児童が同級生女児にカッターナイフで首を切りつけられて死亡した。女児は補導され、自立支援施設に送致された。奈良市では11月17日、小学1年女児が下校時に誘拐・殺害された。親による子どもへの虐待が頻発、下校途中に児童生徒が狙われる事件が増加、子どもの安全が脅かされた。
写真=被害者の小6女児の冥福を祈り供えられた花束=6月8日、長崎県佐世保市の小学校

(8)年金未納問題が政界波及

 4月、国民年金保険料の未払い・未加入問題が政界に波及、福田康夫官房長官が5月に辞任、民主党の菅直人代表も未納の発覚で代表を辞めた。未納問題で国会は混乱したが、6月5日、将来の保険料負担増と給付抑制を柱にした改革法案が成立した。
写真=社会保険庁が制作した国民年金の保険料納付を呼び掛けるポスター

 (9)参院選で民主躍進、自民低迷

 7月11日に投開票された参院選挙は、民主党が順調に票を伸ばして50議席を獲得したのに対して、自民党は改選議席を下回って49議席にとどまった。民主党は、小沢一郎代表代行が年金の未加入期間があったことから代表選への立候補を辞退、5月18日、両院議員総会で岡田克也氏を新代表に選出した。
写真=当確となった参院選候補者の名前に花を付ける民主党の岡田代表=7月11日、東京・永田町の党本部

(10)79年ぶりに鳥インフルエンザ

 1月12日、農林水産省などは山口県の養鶏場で79年ぶりで鳥インフルエンザが発生したと発表。その後、大分、京都府でも発生、兵庫県姫路市の浅田農産社長が京都府の同社農場で飼育する鶏に感染の疑いがあると知りながら届け出を怠ったとして、3月31日、京都府警に逮捕された。




2005年国内10大ニュース京都新聞TOPへ2003年国内10大ニュース