任期満了に伴う京都市長選は5日、投開票され、民主党、自民党、公明党、みんなの党、社民党府連が推薦する現職の門川大作氏(61)が、共産党推薦の新人で弁護士の中村和雄氏(57)を破り、再選を果たした。門川氏は22万1765票を獲得し、前回競り合った中村氏を3万1700票余りの差で退けた。市議会与党をはじめとする幅広い支援を受け、厚い組織をバックに終始安定した戦いを展開。1期4年の実績も評価され、前回より約6万3千票を上積みした。2期目に向け、門川氏は「地域経済の再生と雇用の創出を最重点に取り組む」と決意を述べた。投票率は前回より1・05ポイント減の36・77%で、過去4番目に低かった。 ■開票結果(選管最終) 当221,765 門川 大作 無現(02/06)

京都市長選 開票情報  選管最終
  門川 大作 61 無現
=民主、自民、公明、みんな、社民府連推薦
京都市長(市教育長、内閣教育再生会議委員、市教育次長)中京区西洞院通二条上ル。立命館大法学部卒。
221,765
 
  中村 和雄 57 無新
=共産推薦
弁護士、市民団体事務局長(京都弁護士会副会長、京大法科院客員教授)北区紫野東御所田町。東北大法学部卒。
189,971
 
※氏名(敬称略)、年齢、無は無所属、現職・新人の別、推薦政党、職業・肩書(経歴)、現住所、最終学歴の順。

 
 
 
 
 
 
 
 


連載・特集
<マニフェスト比較>

<難問即答>

<その他特集>


<関連情報>