2016年も残すところあとわずかになりました。日本漢字能力検定協会が主催する今年の漢字は「金」に決まりましたが、「金」に象徴されたこの1年、京都・滋賀でもさまざまな出来事がありました。歳末恒例の京都新聞社が選んだ「10大ニュース」で振り返ります。(文中の年齢は記載日当時)

京都10大ニュース
  1. (1)文化庁、京都に移転へ
  2. (2)北陸新幹線、小浜―京都ルート決定
  3. (3)リオ五輪・パラで京滋勢活躍
  4. (4)京の外国人宿泊客300万人突破
  5. (5)京都鉄道博物館、ロームシアター京都開館
  6. (6)衆院京都3区補選、自民は「不戦敗」
  7. (7)「ミスターラグビー」平尾誠二氏逝く
  8. (8)京都市長に門川氏3選
  9. (9)米軍が福知山で初の実弾訓練
  10. (10)参院選で二之湯、福山氏当選
滋賀10大ニュース
  1. (1)高浜原発3・4号運転差し止め
  2. (2)長浜曳山祭、無形遺産に登録
  3. (3)リオ五輪・パラで京滋勢活躍
  4. (4)参院選で自民・小鑓氏初当選
  5. (5)JR大津駅リニューアル
  6. (6)大津市長に越氏が再選
  7. (7)丹生ダム建設中止、大戸川は継続
  8. (8)北陸新幹線、米原ルートならず
  9. (9)烏丸半島のハス姿消す
  10. (10)琵琶湖博物館、新装オープン
HPアクセスランキングTOP10
  1. (1)巨大ナメクジ目撃情報、ツイッターで募る 京大助教が「捜査網」
  2. (2)祇園はテーマパークじゃない 訪日客急増の摩擦
  3. (3)全長4m生きたダイオウイカ 京都・伊根湾沖で撮影
  4. (4)男児切りつけ、刃物男に警官発砲 京都の路上、容疑者逮捕
  5. (5)姿消えたハス、謎深まる 滋賀・草津、県内別の場所でも
  6. (6)サングラス掛け甲子園に 光アレルギー、滋賀学園井川二塁手
  7. (7)「勝手踏切」全て閉鎖へ 京都・宇治のJR奈良線
  8. (8)近所の川にウーパールーパーいた 大津、地元小学生が発見
  9. (9)近鉄京都線に犬が無賃乗車 1駅先で下車、姿消す
  10. (10)山口組系と神戸山口組系、ファミレスで乱闘 京都・宇治
  11. 10大ニュースを見る

HPアクセスランキングTOP10

1位巨大ナメクジ目撃情報、ツイッターで募る 京大助教が「捜査網」


マダラコウラナメクジ

 近年になって日本に入ってきた外来種のマダラコウラナメクジの目撃情報を、「ナメクジ研究者」の宇高寛子京大理学研究科助教が募っている。

 「ナメクジ捜査網」と名付けたプロジェクトで、外来種が日本に適応していく過程をリアルタイムで観察できる貴重な事例になるという。宇高助教は「ヒョウ柄で大きいナメクジを見つけたら一報を」と呼び掛けている。

 欧州原産のマダラコウラナメクジは、2006年に茨城県内の民家の庭で見つかったのが国内での最初の発見例。これまでに福島、長野、北海道の4道県で確認されているが、自らこの地域だけに移動したとは考えられず、生息域が拡大している可能性が高いとみられる。

【2016年02月12日掲載】

2位祇園はテーマパークじゃない 訪日客急増の摩擦


三が日のさい銭に交じる外国紙幣。

 大量の日本円に、米ドル、中国人民元、タイバーツなど各国の紙幣が入り交じる。1月4日に行われた伏見稲荷大社(京都市伏見区)のさい銭開き。世界的な口コミサイトで国内観光名所として2年連続1位となり、境内は新年早々、訪日外国人(インバウンド)でにぎわった。

 米国の有名旅行雑誌の世界人気都市ランキングで京都市が2014年から2年続けて1位になったのを機に、強まったインバウンド旋風。同年に市内の外国人宿泊者は過去最高の183万人に達した。だが、地域とのひずみや摩擦が生じている。

 特に宿泊施設の不足は著しい。京都文化交流コンベンションビューローがまとめた15年1月~10月の市内主要ホテルの客室稼働率は、客室がほぼ埋まる88・5%の高水準だ。観光最盛期の昨年秋、通常1泊1万円のホテルが4倍にまで跳ね上がるケースがあった。

【2016年01月22日掲載】

3位全長4m生きたダイオウイカ 京都・伊根湾沖で撮影


伊根湾沖で定置網にかかった体長約4メートルのダイオウイカ(永濵克良さん提供)

 世界最大級の無脊椎動物として知られるダイオウイカがこのほど、京都府伊根町の伊根湾沖で生きた状態で見つかった。体長約4メートルで、鮮やかな赤い表皮が確認できる。

 ダイオウイカは6日早朝、伊根湾沖100メートルの定置網にかかっているのを漁業白須主一郎さん(54)=同町亀島=が発見した。「水面に大きなイカが浮いていた。40年近く漁業をしているが、生きたダイオウイカは初めてで驚いた」と話す。

 網を引き揚げると体が傷ついて色が落ちてしまうため、網に入った状態で住民グループ代表の永濵克良さん(61)=同=が撮影した。ダイオウイカはその後、網から逃げたという。

 深海に住むダイオウイカは近年、日本海岸で水揚げが相次いでいるが、生態は謎に包まれている。府海洋センター(宮津市)によると、「死んだり弱った状態で岸に打ち上がることはあるが、傷がなく生きている姿をとらえたのは珍しい」としている。

【2016年02月09日掲載】

4位男児切りつけ、刃物男に警官発砲 京都の路上、容疑者逮捕


現場を調べる捜査員ら(29日、京都市北区衣笠東開キ町)

 29日午後7時すぎ、京都市北区の住民から「男に殺すぞと言われた」と110番があった。駆けつけた北署員らが同区鷹峯旧土居町の路上で、頭などを切られた男児(6)と刃物を持った男を発見。拳銃を発砲し、男の両脚に命中させ、銃刀法違反と公務執行妨害の疑いで、現行犯逮捕した。男児と男は病院に運ばれたが命に別状はないという。

【2016年11月29日掲載】

5位姿消えたハス、謎深まる 滋賀・草津、県内別の場所でも


ハスの名所として知られた烏丸半島の琵琶湖沖を調べる草津市職員。例年ならハスの葉が湖面を埋め尽くす季節だった(草津市下物町)

 国内最大級の群生地である滋賀県草津市の烏丸半島のハスに、過去にない異変が起きている。例年なら湖面を埋め尽くすハスの葉が、ほとんど見られない。

 食害、老化、病気などの可能性が取り沙汰されているが、今のところ原因は不明。草津市は調査を進めるとともに、観光業者らに状況を連絡するなど、対応に追われている。

【2016年07月02日掲載】

6位サングラス掛け甲子園に 光アレルギー、滋賀学園井川二塁手


黒のサングラスを掛けて甲子園で練習する井川二塁手(甲子園)

 3月20日開幕の選抜高校野球大会に初出場する滋賀学園高に、目の異変のためサングラスを着用してプレーを続ける選手がいる。2年の井川翔二塁手(17)は光が原因の可能性のあるアレルギーのため、蛍光灯の明るさでも頭痛が起きる症状を抱えている。厳しい練習に加え症状とも闘いながら、内野のリーダーとして仲間を引っ張っている。

 当初は視界の変化に慣れなかったため、スライディング時に、頭をベースにぶつけたこともあった。「めがねをかけたこともなかったので、距離感が分かりにくかった。打球のイレギュラーには今も恐怖心が出てしまう」と話す。

 原因不明の症状と闘いながら得意の守備を磨き、2年になって守備位置の指示を出す重要な役割を任された。攻撃では2番打者として送りバントを何度も成功させるなど、つなぎ役として貢献してきた。

【2016年03月17日掲載】

7位「勝手踏切」全て閉鎖へ 京都・宇治のJR奈良線


完全に閉鎖されるJR奈良線にある「勝手踏切」の一つ(宇治市五ヶ庄)

 京都府宇治市内のJR奈良線にある通称「勝手踏切」について、市は24日、7月下旬に全てが閉鎖されることを市建設水道常任委員会で明らかにした。勝手踏切は正式な踏切ではないが、住民が線路を横断するのに長年利用してきた。現在5カ所にある。

 市によると、6月下旬から予告を住民に回覧板で知らせ、閉鎖を告知する看板を現場に立てる。7月下旬にJR西日本がフェンスを設置して完全に閉鎖する。市は8月から、迂回(うかい)路となる市道の安全対策として、歩道と車道の区分や交差点を明確にするため路面に塗装を施す。

 市は昨年の6~11月に計10回、町内会・自治会向けの説明会を開いた。利用していた住民からは正式な踏切に変更するよう要望が出されていた。市交通政策課は「利便性よりも命が大事で、安全のために引き続き理解を求めていきたい」としている。

【2016年06月25日掲載】

8位近所の川にウーパールーパーいた 大津、地元小学生が発見


近所の川にウーパールーパーいた 大津、地元小学生が発見

 大津市内の河川で、ウーパールーパーの愛称で知られる両生類のメキシコサラマンダーが見つかったと、滋賀県立琵琶湖博物館(草津市)が10日発表した。大津市の小学生が発見した。同館によると、県内の野外で同種が確認されたのは初めて。ペットとして飼われていた個体が放流されたとみられる。

 ウーパールーパーはメキシコ原産のトラフサンショウウオ科。田上小5年の上野晋太郎君(10)が5日、家族らと川遊びをしていた際に、水中で見つけた。連絡を受けた同館の学芸員が確認した。体長は約18センチ。

 同館によると、上野君は「すくい上げた時びっくりし、とても興奮した」と話し、夏休みの自由研究のテーマとするために自宅で飼育するという。同館は「生態系に影響を及ぼす可能性もあり、ペットは絶対に野外に放さないで」と呼び掛けている。

【2016年08月11日掲載】

9位近鉄京都線に犬が無賃乗車 1駅先で下車、姿消す


近鉄寺田駅から電車に乗った犬

 21日午前8時半ごろ、近鉄京都線の寺田駅(京都府城陽市)ホームから、首輪を付けた犬が停車中の奈良方面行き普通電車内に突然入って乗客たちを驚かせ、1駅区間を「無賃乗車」した。

 犬は茶色の毛で、シバイヌのような小型犬。ほえることなく、男性乗客から下顎をなでられ、おとなしくしていた。犬は1駅先の富野荘駅で、乗り合わせた同駅員に連れられて下車した。

 近鉄によると、駅員が城陽署に引き渡そうと準備している際、目を離したすきに、犬は姿を消したという。

【2016年01月21日掲載】

10位山口組系と神戸山口組系、ファミレスで乱闘 京都・宇治

 ファミリーレストランの駐車場で乱闘したとして、京都府警組対2課と宇治署などが31日、暴力行為法違反の疑いで、指定暴力団の山口組系と神戸山口組系の組員ら数人を逮捕したことが捜査関係者への取材で分かった。府警は他にも関与した疑いがある複数の組員らから事情を聴いている。

 捜査関係者によると、山口組の分裂を背景とした山口側と神戸山口側の組員の引き抜きをめぐるトラブルが原因とみられる。双方の組員らは4月18日、宇治市内のファミレス駐車場で、殴り合うなどした疑いがあるという。

【2016年08月31日掲載】