2016年も残すところあとわずかになりました。日本漢字能力検定協会が主催する今年の漢字は「金」に決まりましたが、「金」に象徴されたこの1年、京都・滋賀でもさまざまな出来事がありました。歳末恒例の京都新聞社が選んだ「10大ニュース」で振り返ります。(文中の年齢は記載日当時)

京都10大ニュース
  1. (1)文化庁、京都に移転へ
  2. (2)北陸新幹線、小浜―京都ルート決定
  3. (3)リオ五輪・パラで京滋勢活躍
  4. (4)京の外国人宿泊客300万人突破
  5. (5)京都鉄道博物館、ロームシアター京都開館
  6. (6)衆院京都3区補選、自民は「不戦敗」
  7. (7)「ミスターラグビー」平尾誠二氏逝く
  8. (8)京都市長に門川氏3選
  9. (9)米軍が福知山で初の実弾訓練
  10. (10)参院選で二之湯、福山氏当選
  11. 10大ニュースを見る
滋賀10大ニュース
  1. (1)高浜原発3・4号運転差し止め
  2. (2)長浜曳山祭、無形遺産に登録
  3. (3)リオ五輪・パラで京滋勢活躍
  4. (4)参院選で自民・小鑓氏初当選
  5. (5)JR大津駅リニューアル
  6. (6)大津市長に越氏が再選
  7. (7)丹生ダム建設中止、大戸川は継続
  8. (8)北陸新幹線、米原ルートならず
  9. (9)烏丸半島のハス姿消す
  10. (10)琵琶湖博物館、新装オープン
HPアクセスランキングTOP10
  1. (1)巨大ナメクジ目撃情報、ツイッターで募る 京大助教が「捜査網」
  2. (2)祇園はテーマパークじゃない 訪日客急増の摩擦
  3. (3)全長4m生きたダイオウイカ 京都・伊根湾沖で撮影
  4. (4)男児切りつけ、刃物男に警官発砲 京都の路上、容疑者逮捕
  5. (5)姿消えたハス、謎深まる 滋賀・草津、県内別の場所でも
  6. (6)サングラス掛け甲子園に 光アレルギー、滋賀学園井川二塁手
  7. (7)「勝手踏切」全て閉鎖へ 京都・宇治のJR奈良線
  8. (8)近所の川にウーパールーパーいた 大津、地元小学生が発見
  9. (9)近鉄京都線に犬が無賃乗車 1駅先で下車、姿消す
  10. (10)山口組系と神戸山口組系、ファミレスで乱闘 京都・宇治

京都10大ニュース

1位文化庁、京都に移転へ


文化庁移転決定を祝う看板が設置され、除幕式で祝う関係者ら(3月22日、京都市中京区・市役所)

 政府の「まち・ひと・しごと創生本部」は3月22日、文化庁を京都に移転するとした政府機関の地方移転の基本方針を決定した。省庁移転の第1号で、政策立案機能を強化し、観光を始めとした各種産業との連携を視野に入れる。移転場所は2017年8月末までに決め、19年度以降に外交や国会対応などの一部業務を残して移転を完了させる。

 文化庁移転を巡っては、京都府と京都市が中心となり、経済界や文化人を巻き込んで誘致活動に力を入れていた。

 17年度には文化庁が先行的に設置する「地域文化創生本部」が東山区の市上下水道局旧東山営業所に置かれる見通しで、文化財を生かした観光振興や伝統産業のブランド化に取り組む。具体的な事業内容については今後、府と京都市、文化庁が検討する。新文化庁がどんな魅力的な事業を打ち出せるかが注目される。

2位北陸新幹線、小浜―京都ルート決定

 北陸新幹線の福井県敦賀以西ルートについて、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)は12月20日、同県小浜市付近を経由し京都駅、新大阪駅に至る小浜京都(小浜)ルートとする方針を決めた。京田辺市内での駅設置案が浮上した京都−新大阪駅間については、来年3月末までに結論を出すとした。

 国土交通省の調査で、小浜ルートが最も所要時間が短く、費用対効果が見込めると評価されたことなどを踏まえた。着工は2031年度、全線開業は45年度の見通し。京都府が求めた小浜舞鶴京都(舞鶴)ルートと滋賀県が推した米原ルートは採用されなかった。

 京都−新大阪駅間は、JR西日本が推す「北回り」案と、府が提案した府南部を経由する「南回り」案がある。建設費の地元負担や、JR湖西線の並行在来線問題が今後焦点になりそうだ。

3位リオ五輪・パラで京滋勢活躍


(左)銀メダルに輝いた男子400メートルリレー決勝で力走する第3走者・桐生祥秀選手=リオデジャネイロ(共同)と、(右)シンクロナイズドスイミングのデュエット・フリールーティンで、銅メダルを獲得した乾友紀子選手(右)=リオデジャネイロ(共同)

男子100メートルバタフライ(視覚障害S11)決勝で力泳する木村敬一。銀メダルを獲得した=リオデジャネイロ(共同)

 日本勢が史上最多となる41個のメダルラッシュとなったリオデジャネイロ五輪で、京滋関係の選手が躍動した。

 陸上男子400メートルリレー決勝で、桐生祥秀選手(東洋大、洛南高出、彦根市出身)が日本の3走を務め、銀メダル獲得に大きく貢献した。米国に先着し、ウサイン・ボルトを擁するジャマイカにも迫るバトンリレーで日本中を沸かせた。

 シンクロナイズドスイミングの乾友紀子選手(井村シンクロク、近江兄弟社高−立命館大出)は、デュエットとチームで銅メダル。チームの主将を務め「お家芸」復活を印象づけた。

 パラリンピックでは全盲スイマーの木村敬一選手(東京ガス、栗東市出身)が銀メダル2個、銅メダル2個に輝いた。柔道女子57キロ級では、広瀬順子選手(伊藤忠丸紅鉄鋼、花園大出)が柔道女子で日本勢初となる銅メダルを取った。

4位京の外国人宿泊客300万人突破

 2015年の京都市内の外国人宿泊客数が前年比72・7%増の316万人に上ったと、市が7月に発表した。円安や新興国の所得向上などで訪日客が急増し、目標とした300万人を5年前倒しで達成した。

 日本人を含めた市内観光客数も過去最高の5684万人だった。観光消費額は、訪日客による土産品や高額品の購入が押し上げ、前年比27・2%増の9704億円に達した。

 同市を除く京都府内の外国人宿泊客数も53・4%増の5万7千人。日本人を含めた観光客数は3063万人と9・0%増えた。

 京都市内の宿泊施設は高い客室稼働率を維持し、ホテル建設も活発化。旅館の活用や市外への宿泊客の分散が課題となっている。

5位京都鉄道博物館、ロームシアター京都開館


(上)歴代の鉄道車両が並ぶ館内を見て回る来場者ら(4月29日午前9時半、京都市下京区・京都鉄道博物館)と、(下)リニューアルオープンしたロームシアター京都で記念演奏を披露した京都市交響楽団(1月10日、京都市左京区)

 JR西日本が整備していた鉄道博物館として日本最大級の「京都鉄道博物館」(京都市下京区)が4月29日に開業、初日から約1万4000人が詰めかけた。

 3階建て延べ床面積約3万平方メートルの規模で、O系新幹線など53の車両を展示したほか、路線延長1キロの巨大ジオラマや運転士の訓練で使うシミュレーターの体験施設などを整えた。

 開業から半年で来館者が100万人を突破し、京都の新たな集客施設として定着した。

 また、これに先立つ1月10日、大改修を終えた京都会館(左京区)が「ロームシアター京都」として生まれ変わった。市とロームが50年の命名権契約を結び、メインホールはオペラの上演も可能になった。

6位衆院京都3区補選、自民は「不戦敗」


当選が確実となり、笑顔で支援者と握手を交わす泉さん(4月24日、京都市伏見区)

 自民党の前衆院議員が「育休宣言」中の不倫発覚で辞職したことに伴い、4月24日投開票された衆院京都3区補欠選挙は、民進党の泉健太氏が6回目の当選を果たした。

 自民が「不戦敗」を選び、共産党も野党共闘を意識し、候補者を立てなかった。比例近畿ブロックから転じた泉氏、おおさか維新の会(現日本維新の会)の森夏枝氏、日本のこころを大切にする党の小野由紀子氏と、野党3党の候補を軸に争う異例の構図になった。

 泉氏は「平和、立憲主義、生活の三つを守る」と訴え、候補不在の自民、共産の支持層も取り込み、有効投票数の3分の2近い6万5千票を得た。投票率は30・12%と戦後の衆院補選で最低を記録した。

7位「ミスターラグビー」平尾誠二氏逝く


生前の平尾誠二さん(2009年6月)

 「ミスターラグビー」と言われた平尾誠二さんが10月20日、53歳で亡くなった。伏見工業高、同志社大、神戸製鋼で日本一を成し遂げ日本代表監督も務めた。日本ラグビー界の将来を担う存在だっただけに、逝去を悼む声が広がった。

 京都市南区出身。同高3年で高校日本一に輝き、同大時代の1982〜84年度に全国大学選手権3連覇を達成した。社会人の神戸製鋼でも大胆かつ華麗なプレーで観客を魅了した。

 日本初開催となる2019年ワールドカップの組織委員会理事でもあり、かじ取りが期待されていた。

8位京都市長に門川氏3選


3選を決め支持者と握手を交わす門川大作京都市長 (2月7日、京都市中京区)

 2月7日に行われた京都市長選で、門川大作氏(65)=自民党、民主党、公明党、社民党京都府連推薦=が、元労組委員長の本田久美子氏(66)=共産党推薦=、元府議の三上隆氏(85)を大差で破り、3選を果たした。

 2期8年の門川市政の評価をはじめ、福祉の充実や産業振興、行財政改革の進め方が問われた。政党レベルでは、市長選で7回連続となる「非共産対共産」の対決構図となり、京都維新の会と京都党は独自候補擁立に動いたが断念した。投票率は過去4番目に低い35・68%だった。

9位米軍が福知山で初の実弾訓練


福知山射撃場内を歩く米軍関係者と見られる人物(福知山市天田)=市民提供

 米軍経ケ岬通信所(京丹後市)の軍人・軍属による陸上自衛隊福知山射撃場(福知山市)での初の実弾射撃訓練が11月29日、行われた。日米地位協定に基づき、閣議決定された「日米共同利用」の米軍施設として運用が始まったが、周辺では不安や怒りを口にする市民が注視した。

 訓練は、米軍人らの射撃資格更新に必要とされ、1回5日間程度で年4回の実施を予定。地元住民は流れ弾を防ぐフェンスの設置や防音対策などを要請しており、府と福知山市が防衛省に着実な実行を申し入れている。

10位参院選で二之湯、福山氏当選


(右)初のトップで3選を決めた二之湯智さん(7月10日、京都市中京区)と、(左)4選を果たした福山哲郎さん(7月10日、京都市上京区)

 7月10日に投開票された参院選で与党が改選過半数を上回って勝利。安倍晋三首相が目指す憲法改正に賛同する「改憲勢力」が、国会発議に必要な全議席の3分の2に、衆参両院で達した。改選数2の京都選挙区で、自民党現職の二之湯智氏(72)が初のトップで3度目、民進党現職の福山哲郎氏(54)が4度目の当選を果たした。

 2013年に共産党が15年ぶりに議席を獲得したが、今回は現職2人に及ばなかった。投票率は3年前より0・89ポイント低い51・16%。国政選挙で初めて投票できた18〜19歳は抽出調査で53・85%だった。