2017年も残すところあと1週間余り、今年もいろんなことがありました。北朝鮮問題や依然として続くテロ、天皇陛下の退位を巡る動きや衆議院選挙など内外でも多くの印象的な出来事が思い出されますが、京都や滋賀の「この1年」はどうだったのでしょうか。歳末恒例の京都新聞社が選んだ「十大ニュース」で振り返ります。(文中の年齢は記載日当時)

京都10大ニュース
  1. (1)桐生、100メートル日本初9秒台
  2. (2)青酸連続殺害 筧被告に死刑判決
  3. (3)北陸新幹線、南ルートに
  4. (4)衆院選、低投票率の中 自民が4勝
  5. (5)京大、iPSで世界初創薬・治験
  6. (6)京都府立医大で虚偽診断疑惑
  7. (7)文化庁移転へ「創生本部」始動
  8. (8)京都府南北140キロ つながる
  9. (9)山田府知事 5選不出馬
  10. (10)京都市会、宿泊税条例可決
  11. 10大ニュースを見る
滋賀10大ニュース
  1. (1)桐生 100メートル日本初9秒台
  2. (2)湖東病院事件 元看護助手の再審決定
  3. (3)衆院選、自民が全勝
  4. (4)朝鮮通信使「世界の記憶」 長浜でも喜び
  5. (5)「高浜」再稼働 大津地裁判断覆す
  6. (6)琵琶湖周航の歌 誕生100年
  7. (7)野洲市民病院、住民投票不成立
  8. (8)相次ぐ台風で被害
  9. (9)高島市役所本庁舎は新旭に
  10. (10)ヒウオ、記録的な不漁
HPアクセスランキングTOP10
  1. (1)市バス運転手、転倒乗客を放置 京都「毎回こけますね」
  2. (2)ラグビー部員、痴漢取り押さえ 京都、猛追「体が反応」
  3. (3)電柱に白ヘビ? 滋賀・湖南で珍現象「雪ひも」か
  4. (4)無痛分娩で脳障害3件目発覚 京都の産婦人科、3歳で死亡
  5. (5)式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC
  6. (6)大型野犬出没、民家裏でシカ襲う 京都・宇治
  7. (7)桑原武夫氏の蔵書1万冊廃棄 京都の図書館、市職員処分
  8. (8)珍景、シモバシラに霜柱 京都府立植物園
  9. (9)京都市バス「前乗り後降り」で車内混雑解消へ 新年度から対策
  10. (10)京都府初、大型アウトレット 三菱地所、23年度開業へ

京都10大ニュース

1位桐生、100メートル日本初9秒台

写真
日本人初の9秒台となる9秒98を示すタイマーの前で喜ぶ桐生選手(9月9日、福井市・福井県営陸上競技場)

 彦根市で生まれ、京都の洛南高で飛躍したスプリンター桐生祥秀選手(22)=東洋大=が陸上男子100メートルで日本人初の9秒台をマーク、日本スポーツ界に新たな金字塔を打ち立てた。

 9月9日、福井市で行われた日本学生対校選手権100メートル決勝。ライバルの多田修平選手(関西学院大)に先行を許したが、得意の中盤で一気に加速。逆転した後も高速ピッチで走り切った。「9秒98、追い風1・8メートル」で記録が確定すると、大歓声を浴びながら飛び跳ねて快挙を喜んだ。

 万全の状態ではなかったものの、大学最後となったレースで奮起した。今年8月の世界選手権400メートルリレーで銅メダルを獲得したが、個人種目の100メートルは出場できず「悔しさ半分のシーズンだった」と振り返る。「9秒台は世界で戦うための通過点。もっと強くなりたい」と語り、さらなる進化を目指している。

2位青酸連続殺害 筧被告に死刑判決

写真
筧被告の判決で傍聴券を求めて列を作る人たち(11月7日、京都市中京区・京都地裁)

 向日市などの高齢男性4人に青酸化合物を服用させたとされる連続殺人事件の裁判員裁判で、京都地裁は11月7日、殺人罪3件と強盗殺人未遂罪に問われた筧千佐子被告(71)に求刑通り死刑を言い渡した。

 判決によると、被告は結婚相談所で出会った70代の男性4人を2007〜13年にかけて遺産目的で殺害するなどした。事件が小説「後妻業」に酷似していたことで注目を集め、高齢者が抱える老いと孤独にも焦点を当てた。

 6月26日の初公判から判決までの実審理期間は135日で、全国の裁判員裁判で過去2番目の長期審理となった。法廷では軽度の認知症を指摘された被告の供述が二転三転し、弁護側は「訴訟能力がない」と無罪を主張。老いや事件から経過した歳月で被告と証人の記憶は薄れ、高齢時代における司法の在り方も問われた。弁護側は即日控訴した。

3位北陸新幹線、南ルートに

写真
(左)北陸新幹線の京都―新大阪間に設置される新駅と接続することになるJR片町線の松井山手駅(京田辺市山手中央)と、(右)北陸新幹線の敦賀以西ルート

 北陸新幹線の京都−新大阪間について、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームは3月、京田辺市のJR片町線松井山手駅付近で同線と接続する「南回り」を了承した。同新幹線でルート未定だった福井県の敦賀以西は小浜−京都−松井山手−新大阪の経路に決まった。

 国土交通省の調査によると、南回りルートの敦賀−新大阪間は総延長約143キロで、完成すれば所要時間約44分で結ばれる。京都府内には京都駅に接続する地下駅と、松井山手駅付近に新駅が設けられる予定。

 敦賀以西は2031年に着工、46年の全線開業が想定されているが、関西広域連合や府を含む沿線自治体はできるだけ早期の開業を求めている。駅整備を含めた敦賀−新大阪間の概算建設費は約2兆1千億円となる見通しで、建設費をどう負担するかなど課題は山積している。

4位衆院選、低投票率の中 自民が4勝

写真
初当選を決め、支援者らと万歳で喜ぶ本田さん(中央)=10月22日午後8時21分、舞鶴市

 10月の衆院選は、全国で大勝した自民党が京都でも前回と同じ4議席を獲得した。補欠選の勝利を含め改選前は3議席を有した民進党は、公示前に前原誠司代表(京都2区)が実質的に解党。合流した希望の党や無所属で6人が立ったが、2人の当選にとどまった。

 京都5区は、けがで療養していた谷垣禎一自民前幹事長が引退を表明。新人5人が争ったが、谷垣氏後継の元府議が勝った。一方、比例復活で自民と希望各2氏が当選。共産と維新の両党から各1氏も復活し、京都選挙区に関わる当選者は計12人に上った。

 「森友・加計隠しの大義なき解散」と言われ、政治不信が高まる中、野党の分裂もあって投票率は50・90%と戦後最低を更新した。

5位京大、iPSで世界初創薬・治験

写真
治験に向けて抱負を語る京都大の戸口田淳也教授(左端)ら=1日午後1時半、京都市左京区・京都大医学部付属病院

 京都大iPS細胞研究所の戸口田淳也教授らが8月1日、筋肉の中に骨が生じる希少難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」の進行を遅らせる薬の候補をiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って見つけ、治験を開始する方針を明らかにした。iPS細胞を活用した薬の治験は世界で初めて。

 FOPは遺伝子の変化によって200万人に1人の割合で発症し、国内に約80人の患者がいるとされる。有効な治療法は見つかっていない。

 治験は9月に開始。自身の細胞を京大に提供し、研究が始まるきっかけをつくったFOP患者の山本育海さんは10月の会見で「早く実施してくれた先生方に感謝したい」と語った。

6位京都府立医大で虚偽診断疑惑

写真
京都府立医大に家宅捜索に入る京都府警の捜査員ら(2月14日午前10時15分、京都市上京区)

 暴力団組長(60)の病状について虚偽回答した疑いが強まったとして、京都府警は2月14日、府立医科大付属病院(京都市上京区)を家宅捜索した。10月6日には虚偽有印公文書作成などの疑いで前院長(65)と講師(45)を書類送検した。

 幅広い裁量を有する医師の診断を「虚偽」と認定できるかが焦点となった。専門家の間でも意見が分かれる中、京都地検が前院長らの刑事処分をどう判断するかに注目が集まる。

 捜査の過程で、府立医科大の前学長(70)が組長との「不適切な交際」を問題視され、内定していた学長3期目を辞退した。また、康生会・武田病院(下京区)の医師(62)が虚偽診断書作成などの疑いで逮捕、起訴された。

7位文化庁移転へ「創生本部」始動

写真
京都市に設置した文化庁地域文化創生本部から、東京の本庁とテレビ会議を行う宮田亮平長官ら(4月3日、東山区)

 昨年、政府が「東京一極集中の是正」の一環として閣議決定した文化庁の京都移転が、具体的に動きだした。4月には京都市東山区に、先行組織として「地域文化創生本部」が設置され、業務を始めた。

 7月には、京都府庁と隣接する府警本部本館(上京区)を本庁舎として国が借り受け、東京五輪後の2021年度末までに移転することを決めた。さらに12月、文化庁長官以下の5課約170人の職員を京都に移す方針を固めた。ただ、東京には4課100人超が残留。「全面的移転」との看板には疑問符も付く。

8位京都府南北140キロ つながる

写真
新名神城陽―八幡京田辺間の開通を祝ってパレードする関係車両(30日午前11時55分、京田辺市大住)

 新名神高速道路の城陽−八幡京田辺間(約3・5キロ)が4月30日に開通し、京丹後市から木津川市まで京都府内の南北約140キロが高速道路でつながった。

 府内最北端の京都縦貫自動車道の京丹後大宮インターチェンジ(IC)から第二京阪道路、新名神高速道路を経て京奈和自動車道の木津ICに至る。所要時間は開通前に比べ5〜10分程度短くなった。日本海岸から関西文化学術研究都市までを約2時間で結ぶ。

 新名神の神戸−大津間約80キロは2023年度に完成予定で、今後も道路網の拡充が進む見通し。

9位山田府知事 5選不出馬

写真
京都府議会の代表質問で来春の府知事選に立候補しない考えを正式表明する山田知事(京都市上京区・府議会議場)

 京都府の山田啓二知事が12月6日、府議会代表質問の答弁で、来春の任期満了とともに退任し、5期目の立候補を見送る意向を表明した。「府政は終わりのない駅伝。自らの職責を果たしたと思ったなら、次の世代にたすきを渡さなければならない」と述べた。

 山田知事は東京大卒業後、自治省に入り、1999年に京都府総務部長に。副知事を経て2002年知事選で初当選した。11年には全国知事会長に選ばれ、現在4期目。

 来年4月8日投開票の知事選は、16年ぶりに新人同士の対決になる見通し。

10位京都市会、宿泊税条例可決

写真
外国人観光客の姿も目に付く京都市内の旅館街。宿泊税は市内全ての宿泊施設が対象となる(京都市下京区)

 京都市内の全宿泊施設の利用者から宿泊税を徴収する条例案が11月2日の京都市議会で可決された。宿泊税の導入は、東京都、大阪府に続く3番目になる見通し。来年10月ごろの施行を予定している。

 税額は、宿泊料が1人当たり2万円未満の場合が200円、2万円以上5万円未満が500円、5万円以上が千円の3段階。修学旅行生は除外した。

 市は税収を観光振興だけでなく、観光客の増加に伴う市民生活の負担を軽減する事業にも充てるとしている。違法民泊からの公平な徴収も課題になる。