2017年も残すところあと1週間余り、今年もいろんなことがありました。北朝鮮問題や依然として続くテロ、天皇陛下の退位を巡る動きや衆議院選挙など内外でも多くの印象的な出来事が思い出されますが、京都や滋賀の「この1年」はどうだったのでしょうか。歳末恒例の京都新聞社が選んだ「十大ニュース」で振り返ります。(文中の年齢は記載日当時)

京都10大ニュース
  1. (1)桐生 100メートル日本初9秒台
  2. (2)青酸連続殺害 筧被告に死刑判決
  3. (3)北陸新幹線、南ルートに
  4. (4)衆院選、低投票率の中 自民が4勝
  5. (5)京大、iPSで世界初創薬・治験
  6. (6)京都府立医大で虚偽診断疑惑
  7. (7)文化庁移転へ「創生本部」始動
  8. (8)京都府南北140キロ つながる
  9. (9)山田府知事 5選不出馬
  10. (10)京都市会、宿泊税条例可決
滋賀10大ニュース
  1. (1)桐生 100メートル日本初9秒台
  2. (2)湖東病院事件 元看護助手の再審決定
  3. (3)衆院選、自民が全勝
  4. (4)朝鮮通信使「世界の記憶」 長浜でも喜び
  5. (5)「高浜」再稼働 大津地裁判断覆す
  6. (6)琵琶湖周航の歌 誕生100年
  7. (7)野洲市民病院、住民投票不成立
  8. (8)相次ぐ台風で被害
  9. (9)高島市役所本庁舎は新旭に
  10. (10)ヒウオ、記録的な不漁
HPアクセスランキングTOP10
  1. (1)市バス運転手、転倒乗客を放置 京都「毎回こけますね」
  2. (2)ラグビー部員、痴漢取り押さえ 京都、猛追「体が反応」
  3. (3)電柱に白ヘビ? 滋賀・湖南で珍現象「雪ひも」か
  4. (4)無痛分娩で脳障害3件目発覚 京都の産婦人科、3歳で死亡
  5. (5)式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC
  6. (6)大型野犬出没、民家裏でシカ襲う 京都・宇治
  7. (7)桑原武夫氏の蔵書1万冊廃棄 京都の図書館、市職員処分
  8. (8)珍景、シモバシラに霜柱 京都府立植物園
  9. (9)京都市バス「前乗り後降り」で車内混雑解消へ 新年度から対策
  10. (10)京都府初、大型アウトレット 三菱地所、23年度開業へ
  11. 10大ニュースを見る

HPアクセスランキングTOP10

1位市バス運転手、転倒乗客を放置 京都「毎回こけますね」

 京都市上京区を運行中の市バス車内で10月、歩行が困難な女性乗客が2度転倒し、起き上がれない状態だったにもかかわらず、男性運転手(33)が救護などをせずにそのまま走行していたことが15日、市交通局への取材で分かった。同局は、女性からの苦情や車内のドライブレコーダーで運転手の対応が不適切だったことを認め、「厳正に対処する」としている。

 市交通局によると、10月11日午後0時半ごろ、三条京阪行きの51号系統で、上京区の今出川大宮のバス停から乗車した女性が発車直後に転倒した。運転手は転倒に気付いたが、安全な場所に停車させて救護するといった対応をとらずに運転を続けた。女性は次のバス停に停車した際、周囲の乗客に助けられて立ち上がったという。

 女性は烏丸今出川のバス停で降りるまでに再び転倒したが、運転手の対応は同様だった。女性にけがはなかったが、運転手はけがを確認する言葉をかけず、降車時に「毎回こけますね」と述べたという。

 女性が相談した上京署から連絡を受けた市交通局は、運行管理者を派遣して謝罪し、翌日以降、この運転手を乗務から外した。乗客からも運転手の対応への苦情電話が1件あったという。同局運輸課は「運転手として、人として情けない。基本を徹底する」としている。

【2017年11月16日掲載】

2位ラグビー部員、痴漢取り押さえ 京都、猛追「体が反応」


感謝状を手に記念撮影する矢田さん(中央左)と谷田さん(同右)=京都市西京区・西京署

 痴漢容疑者の逮捕に貢献したとして、京都府警西京署はこのほど、桂高1年の矢田一馬さん(16)=京都市上京区=と谷田祐麻さん(16)=左京区=のラグビー部員2人に感謝状を贈った。

 同署によると、2人は先月15日午後8時半ごろ、通学で利用する阪急桂駅(西京区)の通路で、女性が、走って逃げる男に向かって「痴漢!」と叫んでいるのを聞いた。2人はすぐに追いかけ、数十メートル先の路上で取り押さえた。男に「ちゃんと説明してください」と促し、駆け付けた署員に引き渡した。

 矢田さんは「体が勝手に反応した。見逃したらあかんと必死だった」と振り返り、谷田さんは「役に立ててよかった」と話した。

【2017年10月05日掲載】

3位電柱に白ヘビ? 滋賀・湖南で珍現象「雪ひも」か


電柱にできた、白いヘビのような形をした積雪(湖南市朝国)=吉田さん提供

 2月21日午前10時ごろ、散歩をしていた滋賀県湖南市岩根の吉田四郎さん(71)、道子さん(75)夫妻は、近所の電柱に不思議なものを見つけた。とぐろを巻く大きな白いヘビ。

 よく見ると前夜降った雪だ。「誰が作ったんや」。いたずらと思ったが、周囲の電柱3本にも似たような「ヘビ」が見つかった。写真好きの道子さんがカメラに収め、京都新聞に送った。

 日本雪氷学会の亀田貴雄さん(北見工業大教授)によると、「雪ひも」という珍しい現象とみられるが「見たことのない形」。緩やかな風で電柱に着雪し、気温が上がって雪が水を含み、ずり落ちてこうなったのではと推測する。

 四郎さんは「何度も通ってきた道だが、初めて見た。帰る時には消えていた。また雪が降ったらゆっくり見たい」と話す。

【 2017年03月14日掲載】

4位無痛分娩で脳障害3件目発覚 京都の産婦人科、3歳で死亡


ふるき産婦人科に損害賠償を求める訴状を手に「本当に悔しい。娘を返してほしい」と語る父(京都府内)

 出産時の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(ぶんべん)を行う京都府京田辺市の産婦人科医院「ふるき産婦人科」で医療過誤が相次いで発覚した問題で、2011年に無痛分娩で出産した京都府の別の夫婦の長女も脳に重度障害を負っていたことが13日、分かった。両親によると、子どもは意思疎通ができない寝たきりとなり、介護の末に3歳で亡くなったという。

 夫婦は13年、同医院に対し、医療ミスが原因だとして介護費や慰謝料など計約1億円を求めて提訴。京都地裁で係争している。

 訴状などによると、母子ともに妊娠中から同医院で検診を受け、異常はなかったという。11年4月、同医院は分娩監視装置を装着せず、無痛分娩のための硬膜外麻酔を実施し、さらに陣痛促進剤を注入した。吸引分娩と腹部を強く押した後に、帝王切開で出産したが、子どもは仮死状態で出生した。同医院は約4時間後に宇治市の総合病院に転院させた。

 夫婦側は「産婦人科診療ガイドラインに定められた監視装置を装着せずに陣痛促進剤を使用し、硬膜外麻酔を実施した」と指摘。そのうえで、「促進剤を過剰投与し、高濃度の麻酔を使用し、決められた妊婦の血圧測定もしなかった結果、低酸素脳症を発症させた」と主張している。

 ふるき産婦人科は取材に対し、「裁判になっていることなので取材に応じられない」と話した。

 同病院をめぐっては、無痛分娩による硬膜外麻酔ミスで京都市左京区の母子、京田辺市の母子の計4人が意思疎通や自発呼吸ができなくなるなど重度障害を負ったとして、2件の医療過誤訴訟が京都地裁に提訴されている。

【2017年06月14日掲載】

5位式辞に歌詞引用、著作権料を 京大HP掲載でJASRAC


時に節を付けて歌いながら、入学式の式辞でボブ・ディランさんの歌詞を取り上げた山極総長(4月7日、京都市左京区・みやこめっせ)

 昨年ノーベル文学賞を受賞した米歌手ボブ・ディランさんの歌の一節を、京都大の山極寿一総長が取りあげた4月の入学式の式辞について、日本音楽著作権協会(JASRAC)がウェブ上に掲載した分の使用料を京大に請求していることが18日、関係者への取材で分かった。ディランさんの楽曲を管理するJASRACは「個別の事案のコメントは差し控える」、京大広報課は請求された事実を認め「根拠の詳細を知らされていないため、特に対応していない」としている。

 式辞は京大のホームページで閲覧できる。山極総長は、京大の学風につながる「自由な発想」に関する説明の一環でディランさんの歌「風に吹かれて」を紹介。「答えは風に吹かれている」などと歌詞の一節を引きながら、常識にとらわれないことの大切さを説いている。ディランさんの歌詞は日本語訳を含め、式辞全体の1割弱を占める。式辞の最後には、ディランさんの歌の出典が記載されている。

 京大によると、約1週間前にJASRAC関係者から、許諾の手続きを求める電話があった。回答期限は示されなかったという。

 京都新聞の取材に対しJASRACは「一般論として、ウェブ上にある音楽著作物には利用手続きが必要となる」と説明。商用目的でなくても、歌詞を印刷できる仕様でウェブ上に掲載すると、1回の閲覧につき数十円が必要になる場合があるという。

 文化庁によると、大学の入学式式辞をウェブ上に掲載することは、著作物を複製する条件が緩い教育目的とは見なされない。しかし文章全体の内容の上で、引用する必然性があることなどの条件を満たせば「引用」と認められ、許諾なしで使用できる。ただ「引用の明確な基準はなく、個別の事例ごとに判断するしかない」とする。

■「引用」議論になる可能性も

 著作権問題に詳しい岡本健太郎弁護士(東京弁護士会)の話 JASRACが踏み込んだ対応をしたという印象を受ける。ウェブにある式辞を見ると、引用部分とそれ以外が明瞭に区別され、ボブ・ディランさんの歌詞よりも山極総長の発言の方が多い。出典の記載もある。掲載されたのが大学の入学式の式辞という点を考慮すれば、引用と認められるのではないか。ただ引用と認められるためには、ほかの大学でのウェブ掲載の事例なども参考に「公正な慣行」と見なされることも必要となり、こうした点が議論になる可能性はある。

【2017年05月19日掲載】

6位大型野犬出没、民家裏でシカ襲う 京都・宇治


子鹿をくわえるシェパードに似た大型犬(6月24日、宇治市白川)=宇治署提供

 14日午前8時10分ごろ、京都府宇治市白川植田の民家裏で、住民から「野犬がシカを襲っている」と110番があった。付近では先月24日にもシカを襲う大型野犬の目撃情報があり、宇治署は警戒を強めるとともに、住民に注意を呼び掛けている。

 同署によると、目撃されている野犬は体長約1・5メートル、体高約80センチで、大型犬のシェパードに似ているという。人に危害を加える恐れもあり、付近の小学校では14日、児童が保護者と一緒に下校した。

 府山城北保健所はこの日、目撃現場近くに捕獲用のおりを設置した。宇治市内では昨年11月にもシェパードに似た野犬2頭が捕獲されている。

【2017年07月14日掲載】

7位桑原武夫氏の蔵書1万冊廃棄 京都の図書館、市職員処分


館内に設置されている故桑原武夫氏の記念コーナー(27日午後0時25分、京都市右京区・市右京中央図書館)

 京都大人文科学研究所を拠点とした「新京都学派」を代表する仏文学者、故桑原武夫氏(1904~88年)の遺族が京都市に寄贈した同氏の蔵書1万421冊を2015年、当時、市右京中央図書館副館長だった女性職員(57)が無断で廃棄していたことが27日、分かった。市教育委員会は同日、女性を減給6カ月(10分の1)の懲戒処分とした。

 蔵書は1989年に市国際交流会館(左京区)が開館した際に寄贈され、一般公開されていた。市教委によると、2008年に京都に関する資料を収集する機能を備えた右京中央図書館がオープンしたのに合わせ、蔵書を同館に移動させたが、保存場所がないとして、向島図書館の倉庫に移した。15年に向島図書館の職員から、「置き場所がなく処分したい」と女性職員に相談があり、了承したという。

 今年2月、市民から「蔵書を閲覧したい」と右京中央図書館に問い合わせがあり、同館職員が「廃棄した」と答えたため、市民が市教委に連絡。市教委が調査し、発覚したという。市教委は「貴重な蔵書を廃棄してしまい、大変申し訳ない」と話している。

 女性職員は生涯学習部の担当部長で、27日付で部長級から課長補佐級へ降任した。

 蔵書は日本文化研究、日本と世界の名著などの全集類のほか、政治や哲学の仏語原書など。右京中央図書館には、現在も「桑原武夫コーナー」として、桑原氏が生前に使用していた机や椅子、直筆のノートなど20点が置かれている。

 桑原氏は「赤と黒」で知られる小説家スタンダールや「社会契約論」を著したルソーなどフランスの文学や哲学、評論などの研究で知られる。研究対象は人文科学全般に及び、哲学者の故鶴見俊輔氏や民族学者の故梅棹忠夫氏ら多くの学識者に影響を与えた。国際日本文化研究センター(西京区)の創設にも尽力。京大学士山岳会の遠征隊長を務めるなど登山家としても知られる。

【2017年04月27日掲載】

8位珍景、シモバシラに霜柱 京都府立植物園


シソ科の植物「シモバシラ」に生じた霜柱(京都市左京区・府立植物園)

 厳しい冷え込みとなった26日朝、京都市左京区の府立植物園にある植物「シモバシラ」に霜柱ができる珍しい光景が見られた。よく晴れて放射冷却現象が起きた朝のみに見られる光景だといい、この日朝の京都市の最低気温は平年より2・5度低いマイナス1・8度だった。

 シモバシラはシソ科の多年草。主に日本の植物を集めた植物生態園の一角に植えられている。

 冬季は茎の部分は枯れてしまうが、根は地中の水分を吸い上げ続ける。このため、枯れた茎の道管の中にある水が凍って膨張することで茎が裂け、しみ出した水分が凍って霜柱ができる。日光が当たると溶けてしまうため、観察できるのは午前10時ごろまでという。

 前夜から一晩かけて生じた真っ白な霜柱は、冬枯れの茶色い茎を覆うようにびっしりと付着。澄みきった青空との対比も美しく、自然のなせる業に、同園職員も「これほど見事に霜の織りなす情景ができることは少ない」と驚いていた。

【2017年01月26日掲載】

9位京都市バス「前乗り後降り」で車内混雑解消へ 新年度から対策


観光客らで混雑する京都市バス。2017年度に解消に向けた対策に乗り出す(15年10月、下京区の京都駅前バスターミナル)

 観光客増加に伴う京都市バスの車内混雑を解消するため、市交通局は2017年度から対策に乗り出す。利用が急増している市バスの「1日乗車券カード」を値上げする一方、地下鉄も乗れる「京都観光1日乗車券」は値下げして価格差を縮め、地下鉄への誘導を図る。また市バスは「後乗り前降り」を長年続けるが、「前乗り後降り」で混雑を緩和できるか確かめる実証実験にも着手する。

 15年度の1日平均乗客数は市バスが35万3千人、地下鉄が37万2千人で近年順調に増えているが、観光客の利用は市バスに偏っている。これが端的に表れているのが、市バスと京都バスの均一運賃区間(大人230円)で乗り放題となる1日乗車券カードの発売枚数だ。

 00年度の100万枚から11年度は372万枚、15年度は614万枚へと急増している。00年度に大人700円から500円に値下げし、均一区間を嵯峨・嵐山地域など観光地を含む郊外にも拡大したことで、利用を押し上げた。

 一方、市バス・地下鉄全線と京都バスで使える京都観光1日乗車券(大人1200円)などの発売枚数は横ばいで、15年度が49万枚。市交通局は「地下鉄とバスを乗り継げば早く行ける観光地も、バスだけで行ける場合が多く、バスに客が流れる」と分析。新年度中の価格変更を目指す。

 また、車内の混雑は乗降方式が一因とみられる。市バスは均一区間以外に、乗車距離に応じた運賃設定の調整区間があり、降車時に運賃を払う「後乗り前降り」方式を半世紀近く採用する。しかし地理に不案内な観光客らが降車口に近い前方に集まりがちで、後方の客がスムーズに降りにくくなっている。

 実証実験は、前方からの乗車時に運賃を支払う「前乗り後降り」を一部路線で試みる。車体中央部にある降車口に向けて車内の前方と後方のどちらからでも降りやすい動線にして、効果を確かめる。実際の導入にはバス停の点字ブロックや屋根の移動などの費用がかかるため、有識者の意見や東京都などの先行事例も踏まえて検討する。

 17年度当初予算案に両事業費で計1億6200万円を盛り込んだ。市交通局は「市バスは経営健全化団体だった時期もあり、混雑解消を議論できるのは大きな変化。快適な移動に力を入れたい」としている。

【2017年02月16日掲載】

10位京都府初、大型アウトレット 三菱地所、23年度開業へ

 プレミアム・アウトレット進出予定地

 京都府内初の大型アウトレットモールが城陽市の東部一帯に広がる丘陵地に進出する見通しであることが31日に分かった。「プレミアム・アウトレット」を展開する三菱地所グループと地権者が基本合意した。2023年度予定の新名神高速道路全線開通に合わせ、計画を進める。

 三菱地所(東京都)、三菱地所・サイモン(同)が山砂利採取業者ら地権者と優先交渉することで合意した。同丘陵地(約420ヘクタール)のうち、長池先行整備地区(約27ヘクタール)を購入して開発する計画。周辺は23年度開通予定の新名神に伴うスマートインターチェンジ設置が検討されている。

 三菱地所グループは国内9カ所で「プレミアム・アウトレット」を経営している。近畿では神戸市の「神戸三田」と大阪府泉佐野市の「りんくう」の2施設を営業中。京滋のアウトレットモールは、滋賀県竜王町で三井不動産グループによる「三井アウトレットパーク滋賀竜王」に次いで2施設目となる。

 同丘陵地は1960年代から山砂利の採取が始まり、建築資材の一大供給地となった。一方で環境破壊を引き起こし、まちづくりの長年の懸案となっており、城陽市は2007年、埋め戻して大規模開発する方針を決定。同先行整備地区は府や市、地権者らでつくる協議会が、アウトレットモールの誘致を目指していた。

【2017年05月31日掲載】