行列の主役たち
◆行列の主役たち

明治維新から始まり、時代を逆戻りして平安遷都までの歴史絵巻を再現。歴史の教科書に出てくるさまざまな人物が、次々に登場する。

明治 江戸 安土桃山 室町 吉野 鎌倉 藤原 延暦
◆徳川城使上洛列
行列の主役たち

徳川幕府は大礼や年始などの際に、親藩や譜代の諸侯を城使として上洛させて皇室に厚礼を尽くした。槍(やり)持と傘持、鋏箱(はさみばこ)の掛け声や所作から、当時の行列の盛儀が感じられる。

◆和宮(かずのみや)
行列の主役たち

1846-1877 仁孝天皇の第八皇女。14代将軍・徳川家茂の正室に。江戸無血開城に隠れた功績がある。

◆大田垣蓮月(おおたがき・れんげつ)
行列の主役たち

1791-1875 江戸末期の女流歌人。陶芸にもその才能を発揮した。後に尼となって蓮月と称した。

◆中村内蔵助の妻(なかむら・くらのすけのつま)
行列の主役たち

江戸中期、京都の銀座で貨幣鋳造業を営んでいた富豪の妻。衣装比べの逸話で有名。他の豪商は皆、色鮮やかな衣装で競ったが、内蔵助の妻は下に白無垢(むく)を重ね着し、黒羽二重の打掛けという姿で現れた。

◆玉瀾(ぎょくらん)
行列の主役たち

1728-1784 江戸中期、独自の文人画を確立した池大雅の妻。浮世離れした大雅を支えた。夫らに絵を学び、画人としても知られた。

◆梶(かじ)
行列の主役たち

東山・八坂神社南門近くにあった水茶屋「松屋」のおかみ。池大雅の妻・玉瀾の祖母にあたる。歌集「梶の葉」を編んだ。

◆吉野太夫(よしのたゆう)
行列の主役たち

1606-1643 京の遊里・六条三筋町(島原の前身)の太夫。後に豪商の灰屋紹益の妻となった。信仰心があつく、常照寺に山門を寄進した。

◆出雲阿国(いずものおくに)
行列の主役たち

出雲大社の巫女。四条河原町で阿国が演じた念仏踊りが、歌舞伎の起源とされている。

Calendar Loading

※雨天の場合は、順延されることもあります。祭の有無については京都市観光協会のホームページをご確認ください。

  • おもしろ宣言
  • 大好き!京滋の風景
clear
ページトップへ