染 付 三 代

 「染付」は焼き物の技法として中国で生まれました。日本ではおよそ400年の伝統があります。
 京焼の人間国宝・近藤悠三さん(故人)は試行錯誤の末、独自の境地を確立しました。次男濶さんは父を継承しながらも自己の世界を開き、その子ども高弘さんは2人とはまた違う表現に挑んでいます。

悠三
photo
(17.6k)
photo
(20.8k)
photo
(25.5k)
photo
(35.4k)
photo
(21.8k)
photo
(22.7k)
photo
(25.9k)
photo
(31.6k)
高弘
photo
(20.9k)
photo
(22.2k)
photo
(17.7k)
photo
(23.6k)

▲こだわり拾撰▲