私の京土産 京都新聞TOP観光面TOP
随時更新します。

◆バックナンバー◆

 「はれま」のチリメン山椒 No1. 

 7年ほど前、パリ在住の友人を訪ねる際、お土産のリクエストを受けた。ちりめんじゃこと山椒の実をしょう油で炊き上げた「チリメン山椒」。母親が作ってくれる家庭の味と思っていたので、人に贈るなんて考えたこともなかった。しかし、外国暮らしの長い友人に、最高においしいチリメン山椒をプレゼントしたくて探し回った。

 市販されているほとんどのものは甘すぎる気がした。甘味を抑え、じゃこのうまみと山椒の香りを引き立たせた味わい。ようやく探し当てた「はれま」の「チリメン山椒」は、家で食べていた味によく似ていた。

 パリで好評を得て以来、お土産の定番にするようになった。「アツアツのご飯にたっぷりかけて食べるのが最高のぜいたく。ステーキよりも好きですよ」。

 箱を開けると、山椒の香りが立ちのぼり、しっかりとしょう油の色がついたじゃこが敷き詰められている。「原料のじゃこは、体長2センチ程度。サイズをそろえるのが一番しんどい作業かな」と「はれま」の創業者の孫で、同社企画部長の晴間芳次さん(40)。ほどよく水分が飛んでさらりと仕上がっているが、口に入れると舌触りがやわらかい。「いためたご飯やパスタに混ぜても、おいしいですよ」。晴間さんのおすすめだ。

推薦者

何必館・京都現代美術館
学芸員 梶川由紀さん
メモ
はれま本店
〒605-0801 京都市東山区宮川筋6-357。電話は075-561-4623。チリメン山椒は72グラム入りパック詰めが950円(税込)。本店のほか高台寺店(電話075-541-8077)でも入手可能。営業時間は午前10時−午後6時。