農 の 花

【 春 】 【 夏 】 【 秋 】 【 冬 】
▲観光情報▲

 農業地帯の京都・丹波で、さまざまな野菜の花が人知れず可れんに咲いている。 種を受け継ぎ、暮らしと文化を支えてきた野菜の花。見過ごしてしまいがちな「農 花」に、京都写真芸術家協会会員・中村和三さんの写真で焦点をあててみる。

   ● ユリ     華麗さが物悲しさ秘め
   ● ゴボウ    見かけによらず華麗に
   ● イチゴ    Xマス向け、いま最盛期
   ● ダイコン   味は冬から春先が一番
   ● フキノトウ  早春の香りとほろ苦さ
   ● ハクサイ   降霜が風味を育てる
   ● カブ     冬の味覚・千枚漬けに
   ● アズキ    血液を浄化、1年の邪気払う

   ● タマネギ   多彩に活用できる優等生
   ● みず菜    冬を代表する京野菜
   ● セ リ    独特のさわやかな香り
   ● ミョウガ   風味を楽しむ香辛野菜
   ● アスパラガス 丹波町でも産地化取り組み
   ● ラッキョウ  赤紫色鮮やか鈴なりに
   ● 丹波黒大豆  朝霧に包まれピンクに
   ● ゴ  マ   自給率0.05%程度、貴重な野菜
   ● サトイモ   葉陰に鮮やかな黄色
   ● ク リ    収量左右する開花状態
   ● サツマイモ  栄養素に富む健康野菜
   ● ソ バ    山間に広がるすがすがしさ
   ● ナ ス    紫紺のエッグ・プラント

   ● イ ネ    生活文化を支えた主食作物
   ● ヘチマ    実の繊維と化粧水を活用
   ● レンコン   西方浄土思わせる美しさ
   ● オクラ    独特の粘り 整腸作用も
   ● コンニャク  食物繊維が豊かなアルカリ食品
   ● メロン    独特の芳香 手ごろな値段に
   ● トウモロコシ 粒につながる絹糸のヒゲ
   ● サヤエンドウ チョウのように優雅に
   ● スイカ    梅雨明けの太陽待つ夏の味
   ● シソ     古代から利用 独特の芳香
   ● レタス    生食中心のキク科野菜
   ● トマト    ビタミン豊富“愛のリンゴ”
   ● カボチャ   保存きく数少ない野菜
   ● パセリ    食べる価値ある健康野菜
   ● インゲン    莢のままで 用途広く
   ● アサツキ    ネギ類で最も鮮やか
   ●       ツバキに似た白色の小花

   ● ホウレンソウ 収穫後の春 ひっそり咲く
   ● ミツバ     初夏にかけ五弁の小花群
   ● キャベツ    観賞用は江戸時代伝来
   ● ネギ      先端に白っぽい坊主姿
   ● ニンジン    清楚な中にも華やかさ
   ● カタクリ    かれんに“早春の装い”
   ● シュンギク   カルシウムや鉄分豊富
   ● トウガラシ   果実の方が色鮮やか
   ● カリフラワー  開花前のつぼみ食べる
   ● ニラ       活用法多彩な健康野菜
   ● ジャガイモ   収穫直前、色も鮮やかに
   ● アブラナ    生活様式変わり栽培減少
   ● キュウリ    自然栽培は初夏に咲く


 中村 和三なかむら・かずぞう)氏
 1941年京都市生まれ。72年からフリー写真家として世界の子どもたちの写真を撮影、現在までに海外取材約50回を数える。76年にパリ・ソルボンヌ大学に短期留学。87年から「野菜の花」をテーマにした作品を発表している。著書に「やさいの花」「健康野菜」など。京都写真芸術家協会会員。京都市北区在住。

▲観光情報▲