京都・滋賀の温泉
奥伊根温泉
 奥伊根は舟屋の里で知られる伊根湾から、さらにひと山越えた若狭湾の端に位置する。途中には日本海を展望する舟屋の里公園も整備されており、雄大な眺めと何よりも静かさが魅力。平成3年6月誕生した湯は、ボーリングで800mまで掘り進んでも湯がでてこなかったが、粘土質を削ってみる作業でお湯があふれ出した。日焼けオイルを塗ったような湯は肌になめらか。そのくせ、湯からあがればさらさらになり、しっとりしている。『浦島太郎伝説』の舞台「本庄海岸」も温泉の北にある。
住 所 京都府与謝郡伊根町
電 話 TEL:0772−32−0277(伊根町観光協会)
交 通 北近畿タンゴ鉄道天橋立駅より丹海バスにて伊根町役場前下車。京都縦貫道終点・丹波I.C.から国道9号、福知山から175号、176号、178号。約2時間
泉 質 ナトリウム‐炭酸水素塩‐塩化物泉(低張性高温泉)45度
効 能 神経痛、肝臓病、火傷、痔疾、皮膚病、婦人病、糖尿病、痛風
宿 泊 油屋 TEL:0772−32−0972(食事利用・宿泊者に限り入浴可)
タオル料として食事利用者は入浴料300円必要

▲もくじ▲