インデックス

出席者

府立植物園長
松谷 茂さん
まつたに・しげる 京都大大学院で森林生態学を専攻。4年前から園長。「園長さんとの気まぐれ散歩」やライトアップなど新企画で入場者数を伸ばす。
比較文学者
光田 和伸さん
みつた・かずのぶ 国際日本文化研究センター准教授(古典文学)。著書に『恋の隠し方―兼好と「徒然草」』『芭蕉めざめる』など。
日本画家
森田 りえ子さん
もりた・りえこ 四季の花や女性像を得意とし、川端龍子大賞展大賞などを受賞。京都迎賓館に作品制作。金閣寺方丈の杉戸絵、客殿天井画を描く。
歴史学者
高木 博志さん
たかぎ・ひろし 京都大人文科学研究所准教授(日本近代史)。著書に『近代天皇制と古都』『近代京都研究』(共編著)など。
4/4

(下)桜のイメージ 転機は近代

畏怖から平和の象徴

 −坂口安吾は「桜の森の満開の下」で桜の不気味さ、まがまがしさを描いた。空襲後に誰もいない東京上野の桜を見たのが動機となったという。

 森田 夜桜の恐ろしさだけでなく、昼間でも人けのないところで桜と向き合うと、ゾクッとする。特にソメイヨシノの群れはどれも同じような色と形で、薄気味悪くもなる。

 光田 上野の桜並木はもともと人工的な空間。江戸幕府が庶民向けの遊戯空間として作ったのが、人が突然消えて、桜が持つ恐ろしさを安吾は強烈に感受したのだろう。

 森田 梶井基次郎の「桜の樹の下には屍体が埋まってゐる」という文章にも、桜の潔さを強調する風潮への抵抗を感じる。ただ、私自身は冷めた目で桜に向き合うより、与謝野晶子の「清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人みなうつくしき」という目で見たい。

 −畏怖の感情が生まれるのは、桜の神性が転化するからか。

 光田 神性というのは、もてなしを忘れると怨霊になる。

 松谷 京の三奇祭の一つ、今宮神社のやすらい祭は、桜の舞うころに疫病も広がるとの考えから「花鎮め」の祭りとして始まったといわれる。

 −最後にひと言。

 松谷 桜は多様性を実感できる植物。当園にも約70種類あり、色や花弁の数、香りの有無もさまざま。文学や絵や映像では分からない姿に触れ、桜文化の奥深さを感じてほしい。

 森田 ソメイヨシノ礼賛の社会だが、宮沢賢治は「何だか蛙(かえる)の卵のような気がする」と表した。一面的ではなく、いろんな桜の風情の違いを知れば、花見の楽しさも膨らむ。

 高木 現代でも桜はナショナルなもののしっぽが時に出るが、最近のサクラソングでは恋とか季節の移ろい、人との出会いがうたわれているし、こうの史代さんの漫画「夕凪(ゆうなぎ)の街 桜の国」は死者の記憶とともに平和の象徴として桜を描く。ナショナリズムの忘却という傾向は好ましい。

 光田 桜は日本人が大切にしてきた「神の宿る木」の代表。八百万(やおよろず)の神と同じように、いろんな桜がある。集団の木を集団で見るばかりでなく、桜に向き合う私たち自身も多様性を大切にしたい。

【2010年4月6日掲載】
Copyright (c) 2010 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.