京都 桜の名所案内(2014年版)

平野神社
所在地:京都市北区平野宮本町
電話:075-461-4450
URL:

 江戸時代より『平野の夜桜』として名高い。境内には、平野妹背、寝覚桜など50種400本の桜が咲き競う。桜苑や神門内では、児童画を照らす静かな灯籠のもと珍しい桜を観賞できる。
 4月10日には「桜花祭」(午前10時〜)が行われ、3月28日〜4月20日には「桜コンサート」も催される。

(2010年撮影)

【 時 間 】
午前6時〜午後5時(通常)
桜期は午後10時ごろまで
【 料 金 】
無料
【ライトアップ】
3月25日(火)〜4月20日(日)
日没〜午後10時
【桜の本数】
約400本
【 交 通 】
JR京都駅、京阪三条より京都市バスで「衣笠校前」下車すぐ
【 由 来 】
 平安遷都とともに遷座した格式ある神社。珍しい品種が多いのは、家運長久を願う公家が、家の象徴として桜を奉納したことに由来する。
 『桜花祭』は、985年花山天皇が平野神社に行幸、皇胤繁栄を祈ったことに由来。当日は、午前より本殿での桜花祭花山天皇陵参拝、正午からの発輦祭のあと、午後1時からは、神幸祭が行われる。ふれ太鼓を先頭に、天平時代の織姫、曲水の王朝公家、流鏑馬の武者など約250名による時代絵巻が氏子区内を巡行する。
[PR] スポンサーサーチ

写真コンテスト
京都新聞