野や山で、人々の暮らしのそばに、ひっそりと咲く山野草。豊かな自然の残る丹波地域は、これらかれんな草花の宝庫でもある。

 今回は、98年10月にオープンした京都府船井郡和知町の「ささゆりの里」の拠点施設・わち山野草の森の担当職員のみなさんに、さまざまな山野草にスポットをあててもらう。


(連載は2001年12月19日で一時休止)

メ ヒ シ バ    道ばたでよく見る雑草
イノコズチ    根は漢方として処方
ノ ブ ド ウ    実の色次々と変化
チヂミザサ    花先に粘りの種子

サルトリイバラ

   節句にもち包む所も
ホトトギス    白地に紫色の斑点
コウヤボウキ    枝先にかわいい花
ヤ ブ マ メ    地上と地中に実を結ぶ
エノコログサ    別名をネコジャラシ

ヤブツルアズキ
   ウズラ模様きれいに
アレチヌスビトハギ    花と実の形に捨て難い味
ヨ モ ギ    腰痛や腹痛に薬用効果
アメリカネナシカズラ    養分を吸収 根のないつるに
ミヤコグサ    花は黄色1センチの蝶形

ホラシノブ
   日当たりのよい場所に群生
セイタカアワダチソウ    急激に分布域広がる
タチチチコグサ    茎上部に花を何段も
ク サ フ ジ    若苗は季節の食材に
サイハイラン    茎は直立 花は下向き

アメリカフウロ

   道端に可愛らしく咲く
イヌガラシ    黄色い十字の花つけ
カヤツリグサ    その名に懐かしさも
ツ ユ ク サ    花の色素は布染めに
ナンテンハギ    若葉や茎など食用に

コニシキソウ

   目を引く赤褐色の斑紋
シ   ソ    香味野菜として定着
カワラヨモギ    精油分が皮膚の薬に
タカサブロウ    せんじて服用、止血薬に
ヒ メ ク グ    球状で緑の花咲く

ネ コ ハ ギ

   蝶形の花 各地に分布
ダンドボロギク    探した居場所で生きる
ツ ル ボ    鱗茎に痛み取る効用
メマツヨイグサ    黄色い花 夕方に開く
ク   コ    若葉はおいしい食材に

シモバシラ

   寒暖に強く育てやすい
ミツバアケビ    葉と花が同時に咲く
イチョウウキゴケ    水面を覆う景観 見ごたえ
ビナンカズラ    樹液は武士の頭髪用だった
コマツナギ    丈夫な根が名の由来

アブラガヤ

   湿地好み、多い変異種
オ オ バ コ    繁殖力強く冬も育成
オオニシキソウ    寄せ植えで楽しめる
アキノノゲシ    茎堅く子らの遊び刀に
フユイチゴ    ジャムにすれば美味

メリケンカルカヤ

   綿毛が舞えば冬到来
ヒヨドリジョウゴ    薬効あるが、実には毒
カワラハハコ    押し花の材料に適す
ダ ン ギ ク    段々と上へ花が咲く
ミ ョ ウ ガ    食、薬用に重宝な植物

アキノキリンソウ

   頭痛やはれ、食用にも
コ ナ ス ビ    鉢植えに手軽な植物
キツネノボタン    有毒成分あるも薬に
ス イ バ    根に抗がん物質含む
キジムシロ    株は円形、寄せ植えに利用

ギンリョウソウ

   別名はユウレイタケ
ハハコグサ    若葉を摘んで食用に
カ タ バ ミ    中国では食、薬用に
カラスノエンドウ    中国では食、薬用に
ヘビイチゴ    果実は美味しくない

カキツバタ

   根茎を煎じ薬用にも
マムシグサ    “効果絶大腰”痛の薬
ニ ガ ナ    鼻づまりなどに効果
イ ワ ナ シ    初夏には実が熟す
ムラサキゴケ    花に触れると閉じる

ツルコケモモ

   赤い実は甘酸っぱく
エ ビ ネ    最近は鑑賞価値が高く
ス ミ レ    煎じ薬や食用にも利用
ユキワリソウ    春の訪れ待ち次々開花
オ ウ レ ン    煎じて飲めば胃腸薬

ジンチョウゲ

   煎じてうがい薬にも
シ ノ ブ    根茎束ねる観賞法も
ヒ ト ツ バ    葉を1枚ずつ立てる
カンアオイ    薬草としても注目
セツブンソウ    乱獲で絶滅の危機に

ハクチョウソウ

   素朴な美しさが魅力
チカラシバ    目立つブラシ状の穂
サ サ ユ リ    貴重な「和知の花」
ヒメジョオン    線路わきに咲く白い花
キンミズヒキ    若芽・葉はあえ物にも

アメリカセンダングサ

   9〜10月にかわいい花
オトコエシ    煎じた根に解毒効果
ノ ア ズ キ    チョウの形をした花
フジバカマ    紅紫色の花、薬草にも
ヨウシュヤマゴボウ    北米原産、明治に渡来

コ ス モ ス

   壮大な光の世界を連想
リ ン ド ウ    変異種が高価で人気
シャクナゲ    夏の花芽は秋に摘む
ア カ バ ナ    薬用にも食用にも可
トウテイラン    洞庭湖のような るり色

タカサゴユリ

   純白の花には香りが
シュウカイドウ    湿り気、半日陰を好む
キツネノマゴ    清の時代は目薬に
ハ   ギ    乾燥した根は薬用に
ツルニンジン    根に去痰作用がある

オミナエシ

   乾燥させ漢方に使用
ム ク ゲ    体調整える薬用効果
イ タ ド リ    山菜料理や民間薬利用も
レンゲソウ    新芽はおひたしにも
ヤマオダマキ    花の形が名前の由来

シモツケソウ

   涼しげな「高原の女王」
セ ッ コ ク    可憐な魅力のとりこ
タツナミソウ    打ち寄せる波イメージ
コバンソウ    名の通り穂が黄金色に
オトメユリ    香る小さな紅色の花

シ ャ ガ

   繁殖力強く大群落形成
ニワゼキショウ    日当たり好むアヤメ科
フタリシズカ    木漏れ日に静かに咲く
ミヤコワスレ    清楚で美しい紫色の花
ワ サ ビ    すりおろして香辛料に

キツネアザミ

   「アザミ属」とは異なる
ホタルブクロ    葉はてんぷらで食用も
シロツメクサ    繁殖力強く薬用効果も
シュンラン    春に淡い黄緑色の花
タネツケバナ    春先、田畑で目立つ白い花

オキナグサ

   釣り鐘形で下向きに花
ヤマルリソウ    ルリ色鮮やかな多年草
ワ ラ ビ    古くから食用、薬効も
ゼ ン マ イ    栄養豊富で煎じ薬にも
カ タ ク リ    赤紫色の花 群落は壮観

ス イ セ ン

   早春の代表花、品よく
フキノトウ    食用、ほろ苦さは格別
ツ ク シ    はかまをはずし食用に
タ ン ポ ポ    食べて良し、生薬にも
ノ ブ キ    谷あいなど湿地に自生

カワラナデシコ

   薄紅色したかれんな花
ツ ワ ブ キ    油炒め、胃薬などに利用
ス ス キ    「茅葺き屋根」の材料に
ヒヨドリバナ    やや紫色のまばらの花
イ ヌ タ デ    枝端に紅色の小花密

オトギリソウ

   葉をもんで血止め薬に
ミ ゾ ソ バ    水辺に群生 止血薬にも
ツリフネソウ    帆船にも似た赤紫の花
キ キ ョ ウ    根は痛み止めの薬に
ヒガンバナ    古い時代に中国から入る

アキノタムラソウ

   切り花や茶花に利用
ゲンノショウコ    整腸や強壮など薬用に
ミ ズ ヒ キ    “ワビ姿”お茶花に珍重
ワレモコウ    小さな花集合 赤紫色に
ツリガネニンジン    秋にかけ青紫色の花

シュウメイギク

   洋風の庭にもマッチ
アケボノソウ    淡紫色の花が愛らしく
ヨ メ ナ    秋を代表する白い花びら
フユノハナワラビ    黄金色にも輝く胞子葉
ア キ ギ リ    独特の濃い赤紫色の花

▲50音順もくじ▲