〜 ツボを押さえて 〜

太谿 精力減退や疲れを回復

 うちくるぶしとアキレス腱の間のくぼみにあります。太谿の「太」は大きいあるいは盛んの意、「谿」は渓谷あるいは渓流という意、つまり太谿は湧泉(腎経の最初のツボ)からわき出た腎経の生命エネルギーが渓流となって注ぐところのツボです。

 腎経は腎の臓に通じています。腎の臓は腰部を支配し排尿機能を調節し、人体の生命力、すなわち精力をつける作用を有しています。従って腎の臓の働きが低下してくると、腰が重くだるい痛み、夜間何回もトイレに行く、あるいは疲れやすく精力の減退を感じるといった症状が現れます。

 壮年期あるいは初老の時期に見られる症状ですが、そのような場合は太谿に温灸あるいは指圧を試みて下さい。指圧は太谿からアキレス腱に沿って行いましょう。



▲ツボINDEX▲