〜 ツボを押さえて 〜

ダン中 心の疲れが治まる

 ダン中は前胸部の中央にあり、第四肋間の高さで胸骨上に取ります。男性の場合は、両乳頭間の中央に当たります。押すと圧痛が生じますのでその反応を目安にしてください。

 ダン中の「ダン」は宮城という意、中は内外の中、あるいはあたるという意です。東洋医学では心の臓は「君主の官」とみなします。君主は宮城に住むということで心の臓にあたることからダン中と名付けられました。心の臓は循環機能の他に精神機能をもつかさどります。いわば「こころ」の働きを行います。

 従って心の臓の機能に変調が生ずると不安感で胸が押しつぶされそうになったりします。ストレスなどで心が疲れたときはダン中を軽く指圧しましょう。胸がひろがり、不安感がスーと治まることでしょう。

 注、ダンは肉付きに亶


▲ツボINDEX▲