1. 京都新聞
  2. 観光・社寺
  3. 京都・滋賀の梅情報 2017
  4. 梅の名所
  5. 元離宮二条城

梅の名所 2017

元離宮二条城もとりきゅうにじょうじょう

所在地:京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電 話:075-841-0096
 梅はおおよそ130本ほどあり、そのほとんどが城内南西部の「梅林」に植えられている。紅梅や白梅をはじめ、1本の木に紅白の花が咲く「源平咲き分け」など多彩な梅が楽しめる。2月中旬から咲き始め、同下旬から3月上中旬が見ごろ。
(2004年撮影)
【 梅の数 】 約130本
【 時 間 】 午前8時45分~午後5時 (受付は午後4時まで)
【 料 金 】 一般600円、中高校生350円、小学生200円
【 交 通 】 3月21日までは北大手門から、22日以降は東大手門から入城。 京都市営地下鉄東西線「二条城前駅」下車、徒歩約10分(北大手門)、 京都市バス「二条城前」下車、徒歩5分(同)
【 由 来 】  慶長8(1603)年、徳川家康が造営、3代将軍家光が増築を行い、寛永3(1626)年に現在の規模に。慶応3(1867)年、ここで15代将軍慶喜が大政奉還を発表したことは有名。国宝の二の丸御殿は全33室、畳800畳余りの広さで、武家風書院造の代表的な御殿建築。梅林は1954年、かし林を伐採して植樹し、通路南側にも拡張補植した。