1. 京都新聞
  2. 観光・社寺
  3. 京都・滋賀の梅情報 2017
  4. 梅の名所
  5. 勧修寺

梅の名所 2017

勧修寺かじゅうじ

所在地:京都市山科区勧修寺仁王堂町
電 話:075-571-0048
 江戸時代に京都御所から贈られた「臥竜(がりゅう)の老梅」と呼ばれている白梅が有名である。書院南の庭園内にあり、樹齢300年とされる親木はすでに樹勢は衰えているが、現在、3代目が小さなつぼみを付けている。1代目と2代目は根や幹だけをとどめており、3代目の幹からは4代目が成長しつつある。
(2006年撮影)
【 梅の数 】 1本
【 時 間 】 午前9時~午後4時
【 料 金 】 大人400円、小中学生200円
【 交 通 】 京都市営地下鉄東西線「小野駅」下車、徒歩約6分
【 由 来 】  真言宗山階派の大本山。昌泰3(900)年、天皇の生母藤原胤子追善のため創建された。宸殿、書院(重文)は明正天皇の旧御殿を移築。書院前庭には水戸光圀寄進と伝える石灯籠があり、勧修寺型灯籠として知られる。
動画: