Kyoto Shimbun 1998.12.17「京都・より道スポット」

 京都ギリシアローマ美術館

 つぼに魅せられ集める

photo
床下も展示スペースに利用した館内。北山の一角に異空間が広がる

 地下鉄北山駅から北山通を東へゆっくり歩いて10数分。下鴨本通を南へ約400メートルのところをほんの少し東へ入ると、閑静な住宅街の一角にしょうしゃな洋館が現れる。今から3000年もさかのぼる大昔、地中海のほとりではぐくまれた美術品の数々を展示している。

 古代ギリシアのつぼに魅せられたという館主の蜷川明さん(79)と妻の岸子さん(72)が、40数年かけて欧州を巡り歩いて集めた個人的なコレクション。「日本の宝として持っておきたかった。持ってる以上、みんなに見てもらいたい」と昨春、自宅を改装してオープン。採光や順路など、設計から展示の仕方までこだわった手作りの美術館だ。

 紀元前5〜6世紀ごろの古代ギリシア時代。ぶどう酒や穀物を貯蔵するつぼや水差し、香油瓶などには、ギリシア神話の1シーンや生活の様子が黒と赤の2色で影絵のように描かれた。オリンポスの神々が宴席で楽器を奏でたり踊ったり、馬車競走に熱中する姿には、古代地中海人たちの生活がしのばれる。

 「今でも十分美しい。研ぎ澄まされた魅力がたまらない」と岸子さん。つぼを集めるうち、今にも動きだしそうな大理石の彫刻やレリーフの施された石棺、青銅の副葬品といった収集品も増えていったという。

 700点を超す所蔵のうち、展示は常時100点余り。エンタシスの柱で飾られた入口をくぐると、ヘラクレスの胴体が目に入る。手足や頭部の欠落したローマ時代の彫像だが、迫力は十分。幅広いコレクションを、ドイツ・ヴュルツブルグ大名誉教授のエリカシモン博士の指導でバランスよく展示している。岸子さんは「小さな館ですが、集めた品は選りすぐりばかり。よいものの魅力はだれの目にも通じますよ」と話している。


 京都ギリシアローマ美術館  京都市左京区下鴨北園町。開館時間は午前10時〜午後5時。月曜日休館(祝日と重なれば翌日)。毎月1回程度、4階の休憩室を利用してコンサートや講演会を開いている。大人800円、中高生500円、小学生300円。
 電話 075(791)3561。

▲観光情報▲ ▲もくじ▲ ▼つぎへ▼