Kyoto Shimbun 1998.12.18「京都・より道スポット」

 琵琶湖疏水記念館

 目を引くペルトン水車

photo
琵琶湖疏水の竣工100周年を記念して、オープンした記念館

 京都に水と電気をもたらした琵琶湖疏水の歴史がつぶさに分かる。地味ながらためになるのが売りという博物館だ。

 疏水建設は、明治維新と東京遷都で沈み切った京都に活力を呼び戻そうと、当時の京都府知事北垣国道が提唱した。1885(明治18)年に着工、1890(明治23)年に完成した。

 記念館は、琵琶湖疏水竣工100周年を記念し、先人たちの偉業を後世に伝えていこうと、市水道局が1989年8月に開館した。平安神宮や動物園、美術館などが近くにあり、秋の観光シーズンには、小中学生が社会見学に数多く訪れる。

 最近は、昨年10月に地下鉄東西線も開通したおかげで、中高年の来館者も増え、昨年度は年間約8万人を数えた。

 こじんまりした建物の中でも目を引くのが、直径2.4メートルもあるペルトン水車。今から約100年前、疏水の急流を利用して、日本最初の水力発電所である蹴上発電所で使われた。この時の電力のおかげで、市電が市内を走り、街に電灯をともすと共に、新しい工場も市内各地に建設された。

 このほか、明治時代に完成した第1疏水や第2疏水の工事記録、インクラインの模型、通水路目論見実測図などの展示品数百点がズラリと並び、疏水のあらゆることが楽しく理解できるようになっている。

 深田辰男館長は「疏水がなかったら、今の京都の発展はなかったはず。先人たちの功績について、楽しく学んでもらえたら」と話している。


 琵琶湖疏水記念館  京都市左京区南禅寺草川町17。地下鉄東西線蹴上(けあげ)駅から徒歩5分。開館時間は、午前9時〜午後5時(3月1日〜11月30日)、午前9時 〜午後4時半(12月1日〜2月末)。毎週月曜は休館。入館無料。
 電話 075(752)2530。

▲観光情報▲  ▲もくじ▲  ▼つぎへ▼