Kyoto Shimbun 1999.3.11「京都・より道スポット」

 新島旧邸

 洋風外観、内部は随所に和風

photo
同志社が設立された明治初期の面影を残している旧新島邸の書斎

 京都御所東側の寺町通に、明治初期に建てられた洋風の民家がたたずむ。同志社の創設者、新島襄夫妻が暮らした「新島旧邸」だ。今も、当時の面影のまま、大切に保存されている。

 アメリカ人宣教師の助言を受けながら、日本の大工の手によって、一八七八(明治11)年九月に完成した。寄せ棟屋根の木造二階建て。一階が食堂や応接間など約二百十平方メートル、二階が寝室など約百四十平方メートルで、全体に質素な造りとなっている。

 建物の外観は、東・南・西の三面にベランダを張り巡らし、アメリカの開拓時代を思わせるような洋風建築。内部は、いすやテーブルを配しているものの、障子やふすま、よろい戸があり、伝統的な和風の建築技法が随所に見られる。

 一階部分は、公的な場としても使われた。玄関を入って右手にある応接間は、教室、職員室、大学設立の募金活動の事務所にも利用された。一八八一(明治一四)年に会堂が完成するまでは、教会の機能も兼ねていたようだ。

 さらに、奥に進み、居間を抜けると、書斎が当時のまま保存されている。学生が出入りして、本を自由に借りていたといい、書棚には当時のまま、洋書がズラリと並ぶ。襄が愛用したいす、机、ランプ、たんすもあり、同志社設立当初の面影をしのばせている。

 新島夫妻がここで暮らしたのは、わずかに十年。第二次世界大戦後は、無人となったが、一九九〇年五月から九二年七月にかけて、老朽化が激しくなった旧邸の保存修理工事を行った。改変された個所も創建当時の状態に戻された。

 同志社社史資料室の本井康博講師は「新島先生をひとことで言うなら、誠実な人柄。初対面でも、すぐに信用させてしまうような魅力を持っていた。そんな人柄を慕い、旧邸にも、いろんな学生が集まってきたのでは」と話している。


 新島旧邸  京都市上京区寺町通荒神口下ル松蔭町。公開日は、3〜7月と9〜11月の毎週水・土曜(祝日は除く)と、11月29日の創立記念日などで、午前10時から午後4時。建物と調度品約60点が京都市有形文化財に指定されている。10人以上の団体は要予約。無料。
 電話 075(251)3165。

▲観光情報▲  ▲もくじ▲  ▼つぎへ▼