もっと知りたい京都の病院
病院検索 特集 特集
 
からだ相談室〜知っておきたい身近な病気〜 2016年度 京都新聞医療企画
1.循環器を守る(1)

【'16年6月】
2.循環器を守る(2)

【'16年7月】
5.脳の病気

【'16年10月】
7.生活習慣の見直し

【'17年1月】
8.おなかの機能を保つ

【'17年2月】

1.循環器を守る(1)
 京都新聞では「からだ相談室―知っておきたい身近な病気―」と題し、日々の生活を健康に過ごすため、誰もが罹患(りかん)する可能性のあるさまざまな身近な病気についての医療情報を特集します。第1回「循環器を守る(1)」では心臓の病気の治療や予防について専門の医師に聞きました。心臓は酸素や栄養を全身にくまなく送り出す重要な臓器です。休むことなく動き続けている心臓の動きが少しでも滞ると、さまざまな病気を招いたり、時には死に至ることもあります。
京都大学大学院医学研究科 循環器内科学 特定准教授 西 英一郎 氏
専門の医師がお答えします
吉川病院 院長 松田 捷彦 氏
武田病院 循環器センター長 木下 法之 氏
島原病院 循環器科部長 中村 琢治 氏
(c) 2002-2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.