もっと知りたい京都の病院
病院検索 特集 特集
 
からだ相談室〜知っておきたい身近な病気〜 2016年度 京都新聞医療企画
1.循環器を守る(1)

【'16年6月】
2.循環器を守る(2)

【'16年7月】
5.脳の病気

【'16年10月】
7.生活習慣の見直し

【'17年1月】
8.おなかの機能を保つ
【'17年2月】


5.脳の病気
 近年、高齢化社会に伴い、パーキンソン病や認知症といった脳の病気にかかる人が増加しています。また、国民病である脳卒中は重い後遺症を残し、寝たきりや認知症の発症が危惧されます。そこで第5回「脳の病気」では、それぞれの病気の予防や治療法、リハビリなどについて専門の医師に聞きました。
日本臨床美術協会認定 臨床美術士 フルイミエコ 氏
専門の医師がお答えします
京都大原記念病院 院長 垣田 清人 氏
武田病院 神経脳血管センター所長 秋口 一郎 氏
宇多野病院 副院長 澤田 秀幸 氏
(c) 2002-2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.