もっと知りたい京都の病院
病院検索 特集 特集
 
からだ相談室〜知っておきたい身近な病気〜 2016年度 京都新聞医療企画
1.循環器を守る(1)

【'16年6月】
2.循環器を守る(2)

【'16年7月】
5.脳の病気

【'16年10月】
6.男性・女性特有の疾患

【'16年11月】
7.生活習慣の見直し

【'17年1月】
8.おなかの機能を保つ
【'17年2月】


6.男性女性特有の疾患
 子宮頸(けい)がんは20〜30代の若い女性の発症が増えています。乳がんのピークは40代といわれていますが、いずれも検診によって早期発見、治療が重要です。男性特有の前立腺の病気は、以前は加齢に起因するとされていましたが、近年、生活習慣との関係性も指摘されています。第6回「男性女性特有の疾患」では、その症状や治療について専門の医師に聞きました。
京都府立大生命環境学部 食保健学科教授 木戸 康博 氏
専門の医師がお答えします
京都民医連中央病院 産婦人科 山西 歩 氏
宇治徳洲会病院 乳腺外科部長 三瀬 圭一 氏
武田総合病院 産婦人科部長 伴 千秋 氏
亀岡病院 泌尿器科部長 透析センター長 藤井 秀岳 氏
田辺中央病院 泌尿器科部長 山田 恭弘 氏"
(c) 2002-2017 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.