滑り石越え



 京都の東山を越えて山科に通じる山越えの道、醍醐道は「滑り石越え」と呼ばれ、古くから西国三十三所観音霊場(第15番)の札所・今熊野観音への参詣道として利用された。現在は他の旧道の例にもれず、京都の市街地と山科を直結するバイパスとして、自動車の往来が絶えず、歩くには少し注意を要する道になっている。

 ●今熊野の交差点
 ●新熊野神社のクスノキ
 ●新熊野神社
 ●本来の滑り石越え
 ●東山洪積世植物遺物包含層の碑
 ●山科盆地の眺望
 ●大石良雄宅と山科停車場道を示す道標
 ●大石神社
 ●大石太夫閑居の碑
 ●道標
 ●勧修寺
 ●奈良街道
 ●醍醐寺


▲もくじ▲