伏見街道は、豊臣秀吉が伏見に隠居の城、指月城を築いた16世紀の末頃、京都と伏見を 直結する道として開通した。伏見を過ぎて奈良まで続いていることから、別名「大和街道」と も呼ばれている。現在でも車の行き交う広い道路に出ることなく、細い旧道が続いている。

 ●豊国神社
 ●耳塚
 ●一の橋
 ●滝尾神社
 ●東福寺の通天橋
 ●伏見人形
 ●伏見稲荷大社
 ●ランプ小屋
 ●元橦木町遊廓の石柱


▲もくじ▲