伏見は豊臣秀吉が築いた町。その伏見の町の中央を横断する道が大手筋。その名の由来 は、この道が、秀吉の築城した伏見城の正面入口にあたる大手門につながる道だったため で、当時、城下町の中心の道だった。

 ●伏見桃山城
 ●伏見桃山御陵
 ●乃木神社
 ●御香宮神社
 ●御香宮境内の名水
 ●伏見義民の石碑
 ●魚三楼(うおさぶろう)
 ●鳥羽、伏見の戦いの弾丸跡
 ●大手筋商店街
 ●松本酒造の酒蔵


▲もくじ▲