志賀越えは京都から山越えで滋賀県大津市に通じる道で、別名「山中越え」とも呼ばれている。古くから京都と湖西方面を結ぶ近道として旅人に利用され、また米などの物資も牛馬に よって運ばれていた。

 ●荒神口(こうじんぐち)
 ●清荒神
 ●荒神橋
 ●牛車の道
 ●京都大学東南アジア研究センター
 ●東一条
 ●子安観音
 ●山中越えドライブウエー
 ●重ね石
 ●山城・近江の国境碑
 ●西教寺の石仏
 ●祟福寺跡
 ●志賀の大仏


▲もくじ▲