竹田街道は江戸時代、京都から南へと延びる幹線道路として、鳥羽街道や伏見街道とともに、重要な道だった。ルートは、昔の村の名前で言うと、現在のJR京都駅付近の東塩小路村から南下して東九条村を通り、竹田村から伏見港に通じていた。伏見港からは、水路で大坂へつながっていた。竹田村を通ることから、竹田街道と名付けられた。

 ●京都駅から臨む竹田街道
 ●陶化小学校
 ●石敢当の石碑
 ●車石
 ●竹田街道と札の辻の交差点
 ●宇賀神社の参道を示す道標
 ●宇賀神社
 ●勧進橋
 ●旧竹田街道の町並み
 ●土橋
 ●西養寺
 ●京都電鉄敷設記念碑
 ●チンチン電車
 ●伏見港公園


▲もくじ▲