太子道は、聖徳太子が建立した太秦(うずまさ)広隆寺への参詣道として利用されていた道。現在は、旧二条通と呼ばれていて、千本通から西へと道は延びている。明治時代の地図によると、千本通あたりから田んぼの中をまっすぐ西に、広隆寺に向かって延びてい る道が記されている。今も、当時と同じルートで、細い道が寺までつながっている。

 ●出世稲荷
 ●石鳥居
 ●太子道のバス停
 ●壺井地蔵
 ●安井商店街
 ●蚕の社(かいこのやしろ)
 ●蚕の社前の道標
 ●広隆寺


▲もくじ▲