京都から真南に伏見区の鳥羽、さらに淀まで延びる鳥羽街道。平安京造営に合わせて作られ、江戸時代には、淀川に突き当たり、川沿いに大坂まで通じる重要な物資運搬の道としても利用された。

 ●羅城門跡碑
 ●吉祥院天満宮への道標
 ●石段で洪水対策を施した民家
 ●恋塚寺と袈裟御前の墓
 ●鳥羽伏見戦跡碑
 ●鳥羽離宮跡
 ●羽束師橋から南を望む


▲もくじ▲