玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

お節の準備 豆腐で作る松竹梅

 事始めも過ぎ、街では迎春準備が本格化。錦など市場も 歳末に向け、日々にぎわいを増していく。 今年のお節料理は精進を取り入れた、遊び心のひと皿 はいかが。豆腐で作る松竹梅。出来上がりにナンテンやセンリョウ を添えると彩りも抜群。

極月の膳
右…雪の若松
中…梅の花
左…木綿豆腐のちくわ




◇材料(4人分)
木綿豆腐500グラム、ヤマトイモ50グラム、A(砂糖大さじ2、塩小さじ1/3)、 青のり(粉末状)大さじ1、かまぼこ板4枚、ふきん4枚、結びひも少々、金ぐし
◎作り方
(1)豆腐をふきんで包んで固くしぼり、水気を切ってからすり鉢でする。皮をむいてすり下ろしたヤマトイモとAを加えて3対1に分け、3には青のりを混ぜ、1はそのままでそれぞれ4等分する。
(2)かまぼこ板に、(1)ののりの入ったほうをかまぼこ状にこんもりと盛り、外側に白いほうを塗り重ね、全体をぬれふきんで包み、両端をひもで結んで沸騰した蒸し器で蒸す(約15分)。
(3)(2)が冷めてからふきんを水につけてはがし、幅1センチに輪切りする。金ぐしをコンロの火であぶり、輪切りにした両面に扇状の焼き目を付ける。
★蒸した後はよく冷まし、ふきんは水につけてそっとはがす(急ぐと表面が崩れる。他の2品も同じ)。金ぐしは生地につかないようよく熱して。

◇材料(4人分)
木綿豆腐500グラム、金時ニンジン30グラム、A(砂糖大さじ2、薄口しょうゆ大さじ2)、 菜ばし20本、ふきん4枚、ひも少々)
◎作り方
(1)豆腐は水からゆで(浮いてくるぐらいまで)、ふきんで固くしぼって水気を取る。 フライパンを熱し、豆腐を空煎りしながらAで味を調える。ニンジンは千切りにしてゆで、 それぞれ4等分する。
(2)ふきんに豆腐を広げ、ニンジンをしんに直径3−4センチのす巻きにする。 外側に菜ばしを5本ずつ添え木し(断面が梅の花形になるように)、両端をひもで 固くしばって沸騰した蒸し器で蒸す(約15分)。
(3)ふきんをはがし、幅1センチの輪切りにする。

◇材料(4人分)
木綿豆腐500グラム、ヤマトイモ50グラム、塩少々、菜ばしなど鉛筆ほどの 太さの棒4本、ふきん4枚、ひも少々
◎作り方
(1)豆腐、ヤマトイモは<雪の若松>と同様にすって混ぜ、塩を加えて4等分する。
(2)それぞれ棒をしんにして筒状に巻き付け、崩れないようにぬれふきんで固く包み、 さらに棒が中心にくるように生地を詰めて形を整え、両端をひもで結んで沸騰した蒸し器で蒸す(約15分)。
(3)ふきんをはがし、外側にバーナーで焼き色をつけ、しんを抜いて輪切りにする。
★焼き色はバーナーがなければフライパンに油を熱してころがすとよい。