玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

暦の上では春 自然の恵みに感謝

 年の初め、あずきがゆを味わう会が開かれた禅寺では、自分の食べる分から少量の米粒を取り分け、庭の木々に供えて小鳥や小動物にも施す「さば(生飯)の儀式」があわせて行われた。自分が元気でいられるのも、自然の恵みがあってこそ。時にはそんなことを思いながらはしをとる日があってもいい。

小草生月の膳
手前右…小カブのいりだき
手前左…うどんのカブラ蒸し
奥…カブラのみどり酢あえ




◇材料(4人分)
うどん玉4玉、れん揚げ(レンコン50グラム、小麦粉大さじ1)、ネギ・キクラゲ各少々、A(水400cc、薄口しょうゆ大さじ21/2、昆布だし大さじ2)、カブラ300グラム、揚げ油適量
◎作り方
(1)うどんは軽く湯通ししてざるに揚げ、ネギは1−2センチに切り、キクラゲは水にもどして千切りする。
(2)れん揚げを作る。レンコンの皮をむいてすり下ろし、小麦粉と混ぜて8個に分け、中温の揚げ油できつね色に揚げる。
(3)カブラは厚めに皮をむき、すり下ろして軽く水切りする。
(4)(1)(2)をそれぞれ4等分して器に入れ、調えたAをかけて沸騰する蒸し器で約10分間蒸す。

◇材料(4人分)
小カブ400グラム、ごま油大さじ2、A(薄口しょうゆ・塩・みりん各適量)
◎作り方
(1)小カブは皮をむき、葉の部分を2−3センチつけたまま、5ミリ程度の縦切りにして、サッと水にさらしてよく水切りする。
(2)油を熱して(1)を2、3分いため、Aで味を調えて、さらに2、3分いりだきする。

◇材料(4人分)
カブラ300グラム、ニンジン30グラム、甘酢(砂糖・酢各大さじ2)、味付け味噌(みそ)(白味噌50グラム、酢大さじ1/2、砂糖大さじ1、酒大さじ1/2、)、ほうれん草の葉10グラム、塩少々
◎作り方
(1)カブラは皮をむき、長さ5センチの千切りにして塩一つまみを振り、しんなりしたらざるに揚げ、水切りして甘酢を混ぜる。
(2)ニンジンは長さ3センチの千切りにしてゆでて水切りし、ほうれん草は塩水でゆで、みじん切りしてすり鉢ですりつぶす。
(3)味付け味噌はすべての材料と(2)のほうれん草を一緒に入れ、混ぜながら砂糖を溶かしてあえ衣を調え、(1)とニンジンを混ぜて盛り付けた上からかける。

<こつ・裏技>
カブラの甘味と香りを存分に楽しむ一膳。「いりだき」はいためすぎないよう注意。歯ごたえや葉の苦みも一緒に味わいたい。