玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

春の先駆け ふきのとうの苦み味わう

 禅寺の玄関近くに雛(ひな)人形が幾組も飾られている。檀家から寄せられたものが多いそうだが、豪華な内裏雛から紙の手作り雛、貝殻に載せた王朝風などその表情もとりどり。時ならぬ華やかな色彩に、山内の木々も春支度を始めたようだ。春の先駆け、ふきのとうの苦みを味わう一膳。

霞初月の膳(1)
 奥右…油揚げのみぞれ煮
 手前…ふきのとうの付け焼きと天ぷら
 奥左…ふきのとうのなめ味噌二種




◇材料(4人分)
ふきのとう24個、A(薄口しょうゆ大さじ1、みりん少々)、小麦粉・サラダ油・塩各適量
◎作り方
 〈付け焼き〉
 (1)ふきのとう12個に、下を切り離さないよう縦に切り目を入れ、Aの付け汁を調える。
 (2)(1)を金網に載せて焼き、しんなりして香りが出たらAをつけ、さらに香りよく焼き上げる。
 〈天ぷら〉
 (1)残りのふきのとうを同様に切り、小麦粉を薄く溶いた衣にさっとくぐらせ、手早く揚げる。熱々に塩をかけていただく。

◇材料(4人分)
ふきのとう24個、味付け味噌(みそ)赤・白各50グラム、ほうれん草(葉のみ)10枚、塩・みりん・酒各適量
◎作り方
味付け味噌を作る(なめ味噌にはこのうち各50グラムを使う)。
 〈赤〉赤味噌300グラム、砂糖150グラム、シイタケだし大さじ4、みりん大さじ2
 〈白〉白味噌300グラム、砂糖100グラム、昆布だし・みりん各大さじ2
 いずれも弱火で踊るまで煮て練り上げる。
 〈赤のなめ味噌〉
 (1)ふきのとう12個は塩水でゆでてあく抜きし、みじん切りしてすり鉢でよくすりつぶす。
 (2)(1)に赤の味付け味噌を入れ、みりんで好みの堅さに調える。
 〈緑のなめ味噌〉
 (1)残りのふきのとうとほうれん草を、塩水でゆでてあく抜きし、みじん切りして一緒にすり鉢ですりつぶす。
 (2)(1)に白の味付け味噌を入れ、酒で好みの堅さに調える。
 ★味付け味噌は作り置きして他にも活用するとよい。

◇材料(4人分)
油揚げ一枚(150グラム)、大根400グラム、A(水200cc、昆布だし・薄口しょうゆ各大さじ2、みりん適量)、三つ葉適量
◎作り方
 (1)油揚げは食べやすい大きさに切り、熱湯にくぐらせて油抜きする。
 (2)大根はすり下ろしてざるで水切りし、三つ葉は塩水で手早くゆでて形よく結ぶ。
 (3)Aで煮汁を調え、(1)を入れて10分ほど弱火で含め煮し、おろし大根を加え、みぞれのようになったら器に盛り、三つ葉を飾る。