玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

季節進み風光る 春の恵み春菊を味わう

 寒さもようやく終盤、日差しの明るさに思い切って障子を開けると、風は冷たくても光って見える。春を喜ぶのか、禅寺の庭には小鳥の声がにぎやかだ。
 春菊の苦みは春の恵みそのもの。ここに紹介した献立のほか、最近は生でサラダなどを楽しむ人も増えている。香り・歯ごたえを生かし、ハーブの感覚で使ってもいい。

霞初月の膳(2)
 奥右…春菊と油揚げの味噌あえ
 手前…大豆の揚げ出し
 左…春菊とニンジンの白酢あえ




◇材料(4人分)
春菊100グラム、油揚げ30グラム、赤味噌(みそ)20グラム、みりん・いりごま各適量
◎作り方
 (1)春菊は塩ひとつまみを入れた熱湯で手早くゆで、水にさらしあく抜きして長さ3センチ程度に切る。
 (2)油揚げは焼き網でこんがり焼いて長さ3センチ程度の千切りにする。
 (3)いりごまは指先で軽くもんでひねりごまにし、味噌・みりんと混ぜて練り味噌を調え、(1)(2)を混ぜてあえる。

◇材料(4人分)
春菊200グラム、ニンジン20グラム、木綿豆腐150グラム、いりごま大さじ2、A(砂糖大さじ2、酢大さじ1、塩適量)、黒ごま少々
◎作り方
 (1)春菊は塩水でゆで、水にさらして3センチ程度に切り、ニンジンは長さ3センチ程度の千切りにしてゆでて水切りする。
 (2)いりごまはすり鉢で油が出るまでよくすり、ふきんで固くしぼった豆腐を入れてさらにすり混ぜ、Aを加えて味を調え、(1)を混ぜてあえ、器に盛り黒ごまを散らす。

◇材料(4人分)
ゆでた大豆200グラム、A(小麦粉大さじ5、水大さじ3、塩少々)、揚げ油適量、大根400グラム、B(水200cc、薄口しょうゆ大さじ2、昆布の戻し汁200cc)、ネギ適量
◎作り方
 (1)大豆はすり鉢ですりつぶしてAを加え、一口大にしてきつね色に素揚げする。
 (2)大根はすり下ろしてざるで自然に水切りし、ネギは長さ4センチ程度の千切りにして水にさらす。
 (3)Bを煮立てて味を調え、(1)を入れて再度煮立つ前に汁ごと器に盛り、大根を載せネギを飾る。

<こつ・裏技>
大豆は少々固まりを残しておいても食感に変化があっておいしい。ドライパックされた缶詰などを使ってもよい。