玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

ウグイス初鳴き 心浮き立つ春一膳

 街が桜に沸き立つ時季、禅寺では少しゆっくり目に咲き出した桃が見ごろ。華やかな紅のこぼれる枝にウグイスが来て、高らかな初鳴きの声を静かな庭に響かせる。

早緑月の膳(1)
 右奥…豆腐のチーズ揚げ(レモン塩添え)
 手前…焼きタケノコ
 左奥…タケノコと三つ葉のかき揚げ



◇材料(4人分)
木綿豆腐一丁(500グラム)、プロセスチーズ80グラム、レモン半個、塩大さじ1、小麦粉・揚げ油各適量
◎作り方
 (1)豆腐は十文字に切り、さらに四等分にスライスしてふきん、キッチンペーパーなどで水気を取る。チーズは豆腐の大きさにそろえて5ミリの厚さに切る。
 (2)レモンを絞って塩と混ぜ、弱火でカラカラになるまで炒(い)る。
 (3)(1)の豆腐半分を並べて小麦粉を振り、上にチーズを置き、残りの豆腐を重ねてサンドイッチにしてさらに小麦粉をまぶす。中温の揚げ油できつね色に素揚げし、(2)を添える。

◇材料(4人分)
ゆでたタケノコ200グラム、A(濃い口しょうゆ大さじ2、みりん適量)、粉山椒適量
◎作り方
 (1)タケノコは厚さ1センチの輪切りまたは大きめの乱切りにしてふきんなどで水気を取る。
 (2)Aの付け汁を調える。
 (3)タケノコを焼き網で軽く焦げ目が付くくらいに焼き、(2)を付けてさらに香りよく焼き上げ、粉山椒を振る。

◇材料(4人分)
ゆでたタケノコ150グラム、三つ葉20グラム、A(小麦粉50グラム、水40cc)、塩大さじ1、揚げ油適量
◎作り方
 (1)タケノコは長さ4センチ・幅5ミリの短冊切りにし、三つ葉は長さ4センチに切ってタケノコと混ぜる。
 (2)塩を弱火で焦げ目が付くまで炒り上げ、焼き塩にする。
 (3)Aの揚げ衣を調え、中温の揚げ油で(1)を好みの大きさに手早く揚げ、器に盛り、(2)を添える。

<こつ・裏技>
 ☆タケノコのゆで方−タケノコは縦目に包丁を入れて皮をむき、丸のまま隠れるくらいの水に分量の10パーセント程度の米ぬかを入れ、途中で水を足しながら二時間ほどゆで、そのまま冷ます。ゆでた水と一緒に保存すると日持ちがよい。