玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

この季節の一膳 オカヒジキ使い

 この季節だけ市場に出るオカヒジキを使った一膳。オカヒジキはアカザ科の一年草。砂浜などに生え、海藻のヒジキに似ることからこの名があるという。鮮やかな緑色、やわらかな歯ごたえが魅力。マツバとも呼ばれることから松の実と友和(あ)えにしてみた。
 今回は和え物ばかり三種。酒かす、ごま、松の実、それぞれに風味の妙を生かして楽しむ。

卯の花月の膳(4)
手前右…オカヒジキの松の実和え
手前左…高野の酒かす和え
奥…オカヒジキのごまショウガ和え


◇材料(4人分)
高野豆腐2丁、A(昆布の戻し汁150cc、水150cc、砂糖大さじ4、塩小さじ1/2、みりん少々)、酒かす100グラム、B(白味噌(みそ)50グラム、昆布だし大さじ3)、ネギ少々
◎作り方
(1)Aの煮汁を煮立たせ、高野豆腐をそのまま(水で戻すものも)入れて弱火で15分ほど煮て汁ごとバットに移し、味がしみこんでしっとりするまでしばらく置く。 (2)酒かすはBで味を調え、軽く絞った(1)を手頃な短冊切りにし、和えて器に盛り、刻みネギを添える。

◇材料(4人分)
オカヒジキ100グラム、ショウガ20グラム、いりごま大さじ2、薄口しょうゆ大さじ1、みりん少々
◎作り方
(1)オカヒジキは塩一つまみを入れた熱湯でさっとゆで、流水によくさらしてから水切りし、3センチの長さに切る。 (2)ごまはすり鉢で油が出るまでよくすり、ショウガはつめを使って皮をむいてすり下ろして混ぜ、しょうゆ・みりんで味を調えて(1)を和えて盛る。

◇材料(4人分)
オカヒジキ100グラム、松の実20グラム、A(薄口しょうゆ小さじ2、酒少々)
◎作り方
(1)オカヒジキは塩一つまみを入れた熱湯でさっとゆで、流水によくさらしてから水切りし、3センチの長さに切る。 (2)松の実はから炒(い)りし、12個程度を残してすり鉢で半つぶしにし、Aで和え衣を調える。 (3)(1)と(2)を和えて器に盛り、残した松の実を飾る。


<こつ・裏技>
酒かす和えの酒かすは戻さずBの調味料と一緒に溶く。オカヒジキは色と歯ごたえが身上、味が抜けないうちに手早く調理する。