玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

見た目の涼しさ 口当たりもなめらか

 夏の終わり。地蔵盆の終わった町はなんとなく静かに見える。子どもたちが宿題に追われているのだろうか。禅寺の庭ではそろそろ秋草も目に付くようになってきた。
 豆腐をすり下ろして寒天と混ぜた滝川豆腐。その名の通り見た目の涼しさとなめらかな口当たりが魅力。細長い方形に切って黒い皿などにのせるといかにも端正、貴船あたりの清流を思わせる。

常夏月の膳(3)
手前右…ミョウガの枝豆寄せ
奥…枝豆とミョウガのかき揚げ
手前左…滝川豆腐
◇材料(4人分)
木綿豆腐250グラム、水300cc、粉寒天3グラム、つけ汁・薬味(すりおろしたユズ、ショウガ、わさびなど)適量
◎作り方
(1)豆腐はふきんで水気を絞り、すり鉢ですって裏ごしする。
(2)寒天は少量の水で溶いてから、火に掛けて分量の水を加えて煮溶かし、(1)を加えて混ぜ合わせ、流しかんに入れ、水に浸して冷ます。
(3)(2)を型から出して好みの大きさに切り、器に盛ってつけ汁と薬味を添える。

◇材料(4人分)
ミョウガ12個、枝豆の実(ゆでたもの)50グラム、揚げ衣(小麦粉大さじ2、水大さじ11/2)、塩・揚げ油各適量
◎作り方
(1)ミョウガは花びらの土をよく洗って縦に四つ切りする。
(2)枝豆は実を出して薄皮をむく。
(3)揚げ衣を調えて(1)(2)を混ぜ、中温の揚げ油でカラッと揚げる。
(4)塩をフライパンでこんがり焼いて焼き塩にし、(3)に添える。焼きたての熱々をいただく。

◇材料(4人分)
ミョウガ100グラム、枝豆の実(ゆでたもの)50グラム、青シソ4枚、濃い口しょうゆ大さじ1、練りからし適量
◎作り方
(1)ミョウガは縦に細切りし、長さ2センチ程度に切る。
(2)枝豆は実を出して薄皮をむき、少量を残して細かく刻む。シソは細切りする。
(3)(1)(2)を混ぜて器に盛り、残した枝豆半分を割って上にのせ、しょうゆとからしを添える。好みに和(あ)えながらいただく。


<こつ・裏技>
 滝川豆腐は豆腐をいったんすり下ろしてから使うため、なめらかな舌触りが抜群。二杯酢、三杯酢などで食べるとおいしい。また吸い物の実などにしてもよく合う。
 冷やし固めるときは冷蔵庫は使わず型を水につけて。