玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

ようやく夏らしく さわやか「梅肉煮」

 今年はいまごろようやく夏らしくなった気がする。禅寺ではシュウカイドウがかれんな桃色の花をつけた。セミの声も庭いっぱいにこぼれている。
 「梅肉煮」は素揚げしたナスの香ばしさとニガウリの青みに梅干しの酸味を加えた。個性の強い三つの味が不思議とよく合い、タカノツメの刺激も効いてさわやかなおいしさ。てんぷらもオクラの開いた形が興を添える。

菊月の膳(1)
手前…ナスとニガウリの   梅肉煮
奥右…冷やそうめん
奥左…オクラのてんぷら   二種

◇材料(4人分)
ナス200グラム、ニガウリ100グラム、オクラ50グラム、梅干し大3個、A(水150cc、昆布の戻し汁50cc、濃い口しょうゆ大さじ1、砂糖大さじ2)、タカノツメ・サラダ油・揚げ油各適量
◎作り方
(1)ナスはへたをとり、一口大に切って揚げ油で素揚げする。
(2)ニガウリは縦割りして種をとり、厚さ5ミリの小口切りにし、オクラは一口大の乱切りにする。
(3)梅干しは種をとってみじん切りし、タカノツメは小口切りする。
(4)油を熱して(2)をしんなりするまで炒め、(1)と(3)、Aを加えて混ぜながら炒り煮する。

◇材料(4人分)
オクラ・ヤマトイモ・板のり・揚げ衣(小麦粉・水・塩)各適量、揚げ油適量
◎作り方
〈衣揚げ〉
(1)オクラはへたをとり、先から3/4程度まで縦に切り目を入れ、広げて揚げ衣をつける。
(2)中温の揚げ油でサッと揚げて塩を一振りする。
〈磯辺揚げ〉
(1)オクラはへたをとり、細かく刻んですり鉢ですりつぶし、皮をむいてすりおろしたヤマトイモと混ぜて一口大にし、5ミリ角に切った板のりにのせて俵状に巻く。
(2)中温の揚げ油でサッと揚げて塩を一振りする。

◇材料(4人分)
そうめん6束、市販のつけだし適量、湯葉・オクラ・ニンジン各適量、薬味(ミョウガ・ショウガ・梅干し各適量)
◎作り方
(1)そうめんはゆでて洗って水切りし、つけだしは少し濃いめの味に調えて冷やす。
(2)湯葉は水に戻して細切り、オクラはゆでて輪切り、ニンジンは千切りしてゆでる。
(3)(1)のそうめんを大きめの器に入れ、水をたっぷり入れて氷を浮かせ、(2)を見栄えよく飾り、つけだしと薬味を添える。


<こつ・裏技>
 オクラの磯辺揚げは、手早くのりで巻いて揚げないと形が崩れる。まとまりにくい場合は小麦粉かかたくり粉を入れるとよい。