玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

残暑わずか 夏バテ回復に粘り気ある野菜

 昼間、したたる汗にうんざりしながらも、夕暮れ時、どこからか聞える虫の音にほっとする。残暑の厳しさも、あとしばらくの我慢か。
 今回はオクラ、ツルムラサキ、モロヘイヤと粘り気のある材料を集めた。この粘り気が夏に疲れた体に元気を与えてくれる。暑い国が原産であることもその秘密かも。
 ひやむぎの梅肉和(あ)えは、葛(くず)でひいた梅肉がとろりと美しく、見た目にも涼しげな一品。

菊月の膳(2)
手前右:オクラとツルムラサキのごま和え
手前左:ズイキとモロヘイの酢の物
 奥 :ひやむぎの梅肉和え

◇材料(4人分)
ひやむぎ200グラム、梅干し大2個、万願寺トウガラシ2個、A(昆布の戻し汁・薄口しょうゆ・酢各大さじ1)、B(葛粉・水各大さじ1)
◎作り方
(1)ひやむぎはゆでて洗い、水切りして冷やしておく。トウガラシは塩水でゆでて輪切りにする。
(2)Aを調え、みじん切りして裏ごしした梅干しを入れ、Bを加えてとろみをつけて冷やす。
(3)(2)を器に入れ、冷やしたひやむぎを盛り、トウガラシを切って飾る。

◇材料(4人分)
オクラ100グラム、ツルムラサキ100グラム、いりごま大さじ4、薄口しょうゆ・みりん各適量
◎作り方
(1)オクラは塩水でゆでて冷水で冷まし、縦割りして種をとり、1センチの斜め切りにする。
(2)ツルムラサキは塩水でゆでて冷水にさらし、5ミリ幅の斜め切りにする。
(3)ごまを油が出るまでよくすって(1)と(2)を入れ、しょうゆとみりんを加えて好みの味に和える。

◇材料(4人分)
紅ズイキ200グラム、モロヘイヤ50グラム、ショウガ10グラム、A(昆布の戻し汁大さじ2、酢・砂糖各大さじ1、塩・酒各適量)、サラダ油大さじ1
◎作り方
(1)ズイキは3センチの長さに切り、ゆでて水にさらして手で軽く絞る。ショウガはごく細い千切りにする。
(2)モロヘイヤは塩水でゆでて冷水にさらし、よく絞って2センチの長さに切る。
(3)Aを混ぜて好みの三杯酢を作る。
(4)油を熱して(1)を軽く炒(いた)め、(3)を加えると薄紅色になるので汁ごと別の器で冷まし、(2)を混ぜる。


<こつ・裏技>
 ズイキは酢を加えると薄紅色に変わる。手早く冷ますことで歯ごたえがよくなり、冷やすことで色鮮やかになる。