玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

季節の味堪能 収穫期のサツマイモ

 この季節、熱々の石やきいもが食べたくなる。最近は、デパートの店頭でも、夏のアイスクリームのコーナーに代わってサツマイモを材料にしたお菓子売り場が登場、人気を呼んでいるようだ。
 地元の城陽市などでも「クリよりうまい金時イモ」が収穫期を迎えている。今年は、品質もよく味も上々という。食卓でもいろいろに調理して季節の味を堪能したい。  ここで紹介する揚げ団子はお弁当のおかずやおやつにもなる。きんとんは、正月のおせち料理にも。その時はクリでもよいが、梅の形に面取りしても楽しいだろう。

夜長月の膳(1)
左:シメジの煮びたし
右:サツマイモのきんとん煮
前:サツマイモの揚げ団子

◇材料(4人分)
サツマイモ300グラム、A(砂糖大さじ3、小麦粉大さじ2、塩適量)いりゴマ、水、揚げ油適量
◎作り方
(1)サツマイモは皮をむき、一口大の乱切りにして塩水であく抜きし、ゆでて冷ます。今の季節はそれほどアクが強くないので塩水に通す程度でよい。
(2)(1)をすり鉢で突きつぶし、Aを入れてよく混ぜ、水を加え、耳たぶほどの堅さに調えて20個の団子に丸める。
(3)(2)にゴマをたっぷりまぶして揚げ油でこんがり色づくまで揚げる。

◇材料(4人分)
サツマイモ500グラム、水300cc、A(砂糖大さじ4、ミリン、塩、クチナシ各適量)
◎作り方
(1)サツマイモは皮をむいて2センチほどの輪切りにし、クリの形に面取りしたものを12個作り、残りは乱切りする。塩水を作り、あく抜きする。
(2)鍋に(1)と水を入れ、ホイルを落としぶた代わりにして弱火でゆでる。
(3)大きいイモが中まで煮えたら面取りしたイモを取り出す。乱切りのイモを突きつぶし、取り出したイモを戻す。Aを2、3回に分けて入れ、弱火で煮ながら時々鍋を揺すり、水をとばすと、つぶしたイモがきんとんになる。

◇材料(4人分)
シメジ200グラム、キクナ100グラム、菊の花4個、A(水150cc、薄口しょうゆ大さじ1、ミリン適量)、塩、酢、スダチ各適量
◎作り方
(1)シメジは石づきを取り、Aで下煮して汁ごと冷ます。
(2)キクナは塩水でゆで水にさらしてあく抜きし、半分に切ってしぼる。菊の花は酢水でさっとゆでて水にさらす。
(3)(1)に(2)を入れ、味を調えて汁ごと器に盛り、輪切りしたスダチを添える。