玄房和尚のヘルシー精進

玄房和尚 ヘルシー 精進

ジャガイモを使い手軽なお総菜

 一年中産地を変えて出回っているジャガイモは、お総菜には手軽で便利な食材の一つ。
 秋は北海道が主産地となる。表面の皮がつるつるしたものより、地中で完熟してから収穫したやや黒ずんでいるものがおいしいという。

夜長月の膳(2)
右:ジャガイモ団子のみそかけ
左:エノキダケの炒めあえ
奥:ジャガイモのきんぴら
◇材料(4人分)
ジャガイモ400グラム、かたくり粉120グラム、味付けみそ(赤みそ100グラム、砂糖大さじ2、酒大さじ1)、バター40グラム、白ごま少々
◎作り方
(1)ジャガイモは皮をむき、ゆでて冷ましてから裏ごししかたくり粉を入れ水を加えて耳たぶ位の堅さに調える。
(2)味付けみそは、全材料を弱火でグツグツおどるまで練り上げる。
(3)(1)をぬれふきんの上に広げ、1センチほどの厚さに延ばして好みの形に切り分け、熱湯に入れて浮き上がってきたら取り出し、熱いうちに器に盛りつけ、バターを溶かして(2)と共に見栄えよく添える。白ごまを散らす。

◇材料(4人分)
ジャガイモ400グラム、ごま油大さじ1、A(昆布・シイタケの戻し汁各50cc、薄口しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ2)、タカノツメ、ミリン各適量
◎作り方
(1)ジャガイモは皮をむき、長さ3センチ、1センチ角の拍子木切りにして水にさらしてあく抜きして水切りする。
(2)油を熱して(1)をいため、輪切りしたタカのつめとAを入れ中火でかき混ぜながら汁気が無くなるまで煮る。

◇材料(4人分)
エノキダケ400グラム、ニンジン40グラム、軸ミツバ10本、バター20グラム、塩適量
◎作り方
(1)エノキダケは、石づきを落としてふたつ切りにする。
(2)ニンジンは長さ3センチの極細の千切りにしてさっとゆがき、ミツバは同じ長さに切る。
(3)鍋にバターを熱して(1)をいため、(2)を加えて塩で味を調える。(温かいうちがおいしい)

<こつ・裏技>
 ジャガイモを裏ごしする時、冷ましてから裏ごしすると水分が多く残って丸めやすい。熱いうちだと水分が飛んでイモがパサパサする。